子どもと一緒にボタン掛けの練習をしよう!成功のコツをご紹介

お子さまが自分で着替えができるようになってくると、ボタン掛けの難しさを感じる方も多いのではないでしょうか。また、幼稚園での着替えに向けて入園前にボタン掛けを覚えさせたいですよね。手先の細かい作業が必要になりますので、練習しないとなかなかうまくできないこともあるかもしれません。
そのような方のために、お子さまと一緒にボタン掛けを練習する方法や、成功するためのコツをご紹介していきます。

いつから練習を始めたらいいの?

ボタン掛けの練習を始めるのは、手先が器用になってくる3~4歳頃がいいでしょう。お子さまがボタンの掛け外しに興味を持ちやすくなる時期ですので、練習を始めるタイミングとしては丁度よいかもしれません。

地域によっては、「着替え」が3歳児検診の項目の中にあり、自分で着替えができるかどうかを診られるところもあるようです。
3歳を待たずにお子さまが興味を持つようでしたら、トライしてみてもいいかもしれません。2歳児は自分でやりたい意欲が出てくる時期ですので、お子さま自身がやりたいと言っている、もしくは、やろうとしているのであれば、それを尊重し、始めてもよいでしょう。幼稚園に入園するころになると、幼稚園服への着替えや、園での着替えなどが必要にもなってきます。自分のことは自分でできるようになるためのステップとして、ボタン掛けを練習させるのもいいでしょう。

また、お子さまがボタン掛けになかなか興味を持たず、3歳になるからと焦って無理に練習をさせる必要はありません。焦って始めても、ボタン掛けにマイナスイメージを持ってしまい、ますますボタン掛けをしたくなくなってしまいます。
保護者はボタン掛けが楽しくなるよう、お子さまの様子を見ながらタイミングを見定めて、練習を始めましょう。

どうやって練習すればいいの?

ボタン掛けに楽しいイメージを持ってもらうためにも、まずは遊び感覚で始めてみましょう。
ボタンは大きめのボタンと大きめの穴から始めるのがおすすめです。「ボタンさんがトンネルをくぐりますよ~」などと、イメージしやすい声掛けをしながら、お子さまにボタン掛けを見せてあげると、ボタンは穴に通すものだということを教えることができるでしょう。

そのほかにも、フェルトにボタンが付いたおもちゃで遊んだり、ボタンが付いている洋服を着た人形でごっこ遊びをしたりすると、遊びの中でボタン掛けに楽しいイメージを持ってくれるのではないでしょうか。
遊びに慣れくると、お子さま自身がボタンを外そうとしたり、掛けようとしたりするかもしれません。その時、うまくいかず保護者に手伝ってほしいと言ってくることもあるかと思います。

保護者も様子を見ながら、手伝うタイミングを見定めてあげてください。最初は保護者のお手伝いが必要になりますので、その時は、見せることから始め、一緒にお子さまとボタン掛けに挑戦してみましょう。
まずは保護者がボタンの半分をボタンホールに入れて、そのボタンをお子さまに引っ張らせる練習をします。保護者が手を添えて一緒に引っ張りながら練習する方法がおすすめです。引っ張ることができるようになったら一人で練習させてみましょう。

なかなかうまく進まない場合もありますので、それぞれのポイントの対処法をまとめてみました。

■うまくボタンが掴めない場合
指先で物を掴む練習が必要になるため、洗濯バサミを利用してみましょう。洗濯バサミで指先に力を入れて掴むことを覚えさせます。

■穴にボタンを入れられない場合
細くて小さな穴にボタンを入れる作業は、大人にとっては簡単でも子供にはなかなか難易度が高い場合もあります。そんな時は貯金箱を利用してみましょう。小銭を貯金箱に入れる作業が、ボタンを穴に入れる練習に繋がります。

■ボタンを上手く受け渡しできない
穴は通せたけれど、上手くボタンの受け渡しができない場合には、紐を使ってみましょう。紐通しをすれば、左右に受け渡しする要領をつかむことができます。

どうやったらうまくできるようになるの? コツは?

練習の回数を重ねればボタン掛けはできるようになりますが、うまく進めるためにはいくつかコツがあります。このコツをつかんで、根気よくお子さまと練習を重ねていきましょう。

■習慣づける
ボタン掛けの作業は毎日するものとして、習慣づけることが大切です。着替えは毎日するものなので、朝や夜など着替えをするときに練習するようにしましょう。

しかし、朝は準備などで忙しくしている方も多いのではないでしょうか。時間的・心理的余裕がないと、練習を見守ることはできません。朝は幼稚園などの制服の上着のボタンだけにするなど部分的に練習したり、夜はパジャマなど大き目のボタンが付いている洋服を選んで練習したりするのがおすすめです。保護者自身に余裕のあるときに練習をするようにしましょう。

■下のボタンから始める
上のボタンはお子さまには見えにくいので、下のボタンから練習を始めるようにしましょう。下からボタンを掛けることで、しっかりと目で見ながらボタン掛けの練習ができますし、掛け間違えを防ぐこともできます。

■責めずに見守る
どれだけ丁寧に教えたとしても、初めから上手にボタン掛けができるお子さまは少ないもの。また、同じ失敗を繰り返してしまうこともあります。うまく掴めなかったり、穴に通せなかったりしても、責めずに根気強く教えるなど、見守るようにしましょう。

■完璧を求めない
初めから完璧を求めるのではなく、できたことを一つひとつ褒めてあげることが大切です。ボタンを掴めた、穴に通せたなど、一つできたらしっかりと褒めてあげることで、気持ちよく練習が進められるでしょう。

一緒に楽しんで練習しよう

ボタン掛けは大人にとって簡単な作業でも、お子さまにとっては大仕事です。できないことが当たり前、という考えを忘れずに練習を進めていきましょう。
保護者は一緒に楽しく練習ができる環境を整えるためにも、気持ちに余裕を持つことが大切です。一緒に楽しみながら進めることで、成長していく姿を感じていきましょう。

プロフィール

監修:市川由美子

保育士として15年以上にわたり、福祉施設、託児所、保育園などさまざまな場面での保育業務に携わる。
食育実践プランナー資格も有している。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A