両親学級で育児への意識を高めよう!

もうすぐ家族が増える喜びと、少しの不安を抱えながら過ごす妊娠期。
女性はお腹が大きくなったり、つわりを経験したりと、自分の身体に起きている変化から、徐々にママになることを実感していきます。一方で、男性は妊娠・出産・育児に関する知識が少なかったり、パパになるイメージが持てなかったりと、夫婦間で意識に差が生じてしまうケースが多いのです。
そこでうまく活用したいのが両親学級。両親学級とはどんなものなのか、ご紹介していきます。

そもそも両親学級とは?

これから生まれてくる赤ちゃんの両親となる夫婦にとって、お互いに協力していきたいのが出産と育児。産婦人科の医師や、助産師などの専門家の方の指導により、人形の赤ちゃんで疑似体験学習を行うことができるというのが、両親学級です。

◆両親学級で主に体験できること
・赤ちゃんの沐浴
・ミルクづくり
・パパの妊婦体験
・おむつ交換体験
・出産経過についての話を聞く など

◆両親学級に参加するメリット
・子育てのイメージが湧きやすく、夫婦で子育てについての具体的な会話ができる
・同じ頃の週数のママと話すことで、不安や悩みを話すことができる
・ママ友やパパ友ができるきっかけになる
・パパになる夫自身が、育児をするイメージができる
・ママになる妻と一緒に子育てをする、という意欲が夫の中で高まる など

いつ、どこで実施されているの?

◆開催日について
プレママが参加する母親学級に比べると、開催回数が少ない両親学級。夫婦で参加できるよう、平日の夜あるいは土日に開催されることが多くなっています。

母親学級は、ママの身体の変化など、妊娠についての情報を数回に分けて提供するのに対し、両親学級はパパにもスポットをあてた内容を短時間にまとめているのが特徴です。病院や産院が開催する両親学級は、妊娠6~9ヶ月頃に行われるところが多く、開催日とママの妊娠週数を照らし合わせながら参加する日を決めます。自治体が実施している両親学級は、平日の日中、もしくは土曜日に開催されているため、お住まいの自治体へ確認してみましょう。
民間企業などが行っているイベントやセミナーは、企業や社団法人のホームページ、協賛する雑誌などで開催日を告知しています。目に留まった講座は早めに予約・応募をするようにしましょう。

◆開催場所について
・産婦人科医院
分べん予定の夫婦を対象に両親学級を開催している病院が増えています。産婦人科の医師や助産師などが講師となって、パパとママがスムーズに育児を始められるような内容を準備してくれます。中には、陣痛を乗り越えるためのイメージトレーニングを盛り込む病院もあります。

・市区町村主催
自治体が実施する両親学級は、保健所、保健センター、母子健康センターなどで開催されています。助産師、保健師、歯科衛生士、栄養士らが育児のアドバイスをしたり、先輩パパが語る子育て体験談を聞くことができたりします。最近では、現代の子育て事情を祖父母世代の方に伝える内容を組み込んでいる自治体もあるので、家族ぐるみで育児をするためのいい機会にもなるでしょう。

・その他
看護協会実施の両親学級や、子供服ブランド、育児用品を販売する店舗が開催するプレママ・プレパパ用のイベントもあります。離乳食などをつくるメーカー主催のセミナーも同じ会場で行われていることがあるので、あわせて調べてみるといいでしょう。

実際どうだった?先輩ママの体験談

妊娠・出産を経験し、育児中のママが語る体験談をいくつかご紹介します。両親学級がどんな役割を果たしたのか、参考になる意見があるかもしれません。

◆友人が見つかる
「沐浴体験するコーナーがありましたが、近所に住む人同士でグループ分けされていました。そのため、家から数分という距離にママ友ができ、子ども同士の月齢も近くて、ときどき会って息抜きしています」
知識の習得をしつつも、育児中の悩みを話し合える友人と知り合うきっかけになるのも、両親学級が有意義であるといえるポイントのひとつ。不安や喜びを共有しながら、励まし合える友人が見つかる可能性があります。

◆パパの意欲につながる
「沐浴体験をする夫が『だいたいこんな手順なんだな』と真剣に覚えようとする姿が微笑ましかったです。冊子もそれなりに読んで雰囲気をつかめたようなので、参加した意味がありました」
赤ちゃんが誕生しても、実際のところどのように行動するべきかわからないパパも多いものです。少しの知識があれば、ママを気遣うことができるようになるかもしれません。

◆身体をいたわってくれる
「夫は、妊婦体験をしてから私を心配してくれたり、お腹を触ったりするようになりました。普段の健診に一緒に行くことがなかったので、妊婦の辛さを少しでも知ってもらう貴重な機会だったと感じます」
体調を気遣ってくれるようになれば、ママの精神的な安定が保てる可能性は高まります。妊娠・出産という大きな変化に夫が一緒に向き合ってくれると、嬉しい気持ちになりますね。

両親学級をうまく活用しましょう

赤ちゃんの誕生を心待ちにできるように、できるだけ夫婦で知っていることを増やすと安心感につながります。育児について話し合うきっかけとなることも多い、両親学級。都合のいい日程を選んで積極的に参加することで、夫婦関係を良好に保っていくことにつながりますので、是非体験してみましょう。

プロフィール

監修:市川由美子

保育士として15年以上にわたり、福祉施設、託児所、保育園などさまざまな場面での保育業務に携わる。
食育実践プランナー資格も有している。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A