急に食べなくなっても大丈夫! 離乳食の進め方

「離乳食は早い方がよい」「遅い方が、アレルギーが出にくい」「離乳食が好ききらいに影響する」「離乳食1回当たりのグラム数」など、離乳食に関する情報や知識は時代や人によってさまざまです。
しかし、お子さまによって発達や味覚はそれぞれ違います。基本的な流れを押さえつつ、お子さまに合わせて焦らず進めていくことが大事です。今回は離乳食の進め方についてご紹介しましょう。

離乳食を始めるタイミングはお子さま次第!

しっかり首がすわって、手で支えてあげればお座りができるようになる月齢5ヵ月から6ヵ月頃、お子さまをじっくり観察してみてください。保護者がごはんを食べているときによだれが出てきたり、口が一緒にモグモグ動いたり、または手を伸ばしてさわろうとしたりしたら離乳食を始められる合図です。
お子さまの機嫌のよい日、保護者に余裕のある日にスタートしましょう!

1日ひとさじ、1種類の食材から進めていきましょう

まず、お子さまの口に入る小さなスプーンと専用の器を用意しましょう。食材をすりつぶせるように、すりこぎなどもあると便利です。
最初は、ドロドロの10倍がゆから始めます。口を閉じると自然におかゆが口の中に入るように、お子さまの舌の上にスプーンをのせてあげましょう。いやがって舌で押し返してきたら、まだお子さまの準備ができていないのかもしれません。2~3日おいてから再チャレンジしてみてください。

1日1回、小さじ1杯から始め、1週間ほどして上手にゴックンできるようになったら少しずつ量を増やしていきます。さらに、慣れてきたら、少しずつにんじんやかぼちゃ、ほうれんそうなどの野菜もすりこぎですりつぶしてあげていきましょう。
ただし、注意してほしいのは、食べる時間と種類です。万が一、アレルギーなどで体調に変化があった場合、病院で診てもらうなどの対処ができるように、初めての食材を食べさせるのは午前中がおすすめです。

また、どの食材に反応したのかわかるように、最初は1回につき1種類の食材を食べさせるのもポイントです。この時期は基本的に味つけの必要はありません。お米や野菜それぞれの味を味わってもらいましょう。

離乳食を始めて1ヵ月ぐらいたった頃、2回食にします。おかゆなら7倍がゆにするなど、食材の固さや大きさも少しずつ変えていきます。指でつぶせるぐらいの固さが目安です。また、出汁で煮たり、少量のしょうゆを使ったりと味の変化をつけてあげると、食に興味をもってくれるお子さまも少なくないようです。

さらに1ヵ月して、食材を上手に上顎と下顎ですりつぶせるようになったら、3回食にステップアップ。食材の固さは熟したバナナぐらいが目安です。
また、この時期は「手づかみ食べ」ができるように野菜スティックや、細く切ったフルーツなどを出してあげてみてください。より興味をもってくれるようになりますよ。

急に食べなくなっても大丈夫!

「離乳食が比較的順調に進んだのに、1歳頃になって急に食べなくなってしまった!」ということがよくあります。固過ぎたり、やわらか過ぎたり、また味つけが気に入らなくて食べてくれないということがあるのです。食感や味覚が発達してきた証拠です。
急に食べなくなってしまうと焦ってしまいますが、とりあえず、お気に入りの食材がひとつでもあれば大丈夫です。ごはんやうどん、パンなどの主食系が大好きなお子さまなら、好きなだけ食べさせてあげましょう。

例えば、豆腐のような主食以外のものが大好きなら、野菜あんかけにしてみたり、ひじきや野菜を混ぜてみたりとバリエーションを変えてみることもおすすめです。
ひとつの食材を好む期間は2週間ぐらいで終わることもあれば、2ヵ月ほど続くお子さまもいますが、いずれ違う味を求めていろいろなものを食べてくれるようになります。そのため、例え食べてくれなくても、常におかずも一緒に出してあげてください。

「無理せず」「気楽に」がポイント

「好ききらいに影響するかもしれない」「栄養学的にいろいろな食材をバランスよく食べてほしい」、そんな思いから、離乳食をすべて手作りにしたり、毎回多彩な食材を用意したりとがんばり過ぎてしまうと、保護者が疲れてしまいます。また、食べることを強要してしまうと、お子さまが食事を楽しいと思えなくなってしまい、さらに食べなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいがち。

食事は楽しく食べてこそ、おいしく感じます。ベビーフードや便利グッズなどをうまく活用して、適度に手を抜きつつ、お子さまと楽しく食事することを心がけていれば、それだけでOKです!

子育てのお役立ちコンテンツ

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A