子ども服についた頑固な汚れ落としの裏ワザ ~泥汚れ編~

 外での遊びに夢中になったお子さまの服には、いつの間にか泥汚れが!しかもなかなか落ちなくて困っているかたも多いのでは? 今回は、頑固な泥汚れを簡単に落とすテクニックを紹介します。


しっかり落とす洗濯テクニックを動画でチェック!

 

1 最初は乾かして、泥や砂を落とす!

泥や砂は不溶性の汚れなので、基本的に水や洗剤にはほとんど溶けません。そのため、普通に洗濯しているだけでは「落としきれない」という事態に陥ってしまいます。

 

洗濯する前にまずは乾かして、泥や砂をできるだけ落としましょう。晴れの日に1時間程度干しておけば、かなり乾くはず。そしたらブラシなどでこすったり、手ではたいたりしながら泥や砂を落としてください。

 

2 洗濯機に入れる前に、洗剤液で浸け置き洗いする。

これだけでもかなり汚れが落ちたと思いますが、繊維の奥に入ってしまった泥汚れは、皮脂などの油分にコーティングされているため、その油分を取り除かないと離れてくれません。油分と結びついた泥汚れ対策には、洗剤液への浸け置き洗いがオススメです。

 

40度弱のぬるま湯で3~5倍程度に薄めた洗剤液に衣類を浸し、30~120分ほど浸けておきます。その後は軽く絞ってから、洗濯機で洗えばOK。泥汚れがかなり頑固そうであれば、その部分をつまんで優しくこすり合わせたり、固形石けんを塗り込んで手もみ洗いをしてから洗濯するといいでしょう。

 

3 それでも落ちないときは、洗剤と漂白剤のWで!

ここまでしても落ちないとしたら、泥の色素成分が染み込んでしまったことが考えられます。この場合は、40度弱のぬるま湯に規定量の洗剤と漂白剤を入れた混合液を作り、30~120分ほど浸け置きます。それからぬるま湯か水で数回すすぎ、きれいになったら絞って干しましょう。

 

ただし、色柄物だと漂白剤が使えない場合もあるので、試す前に洗濯表示をよく確認してくださいね

 

 

時間のないときに! びっくり&カンタン裏技

 最初に、泥汚れの箇所を水で揉み洗いします。その後、文房具の糊を軽く塗りつけてから洗濯機で洗うと、きれいに泥汚れが落ちるそうです。吸着性に優れた糊を塗ることによって、泥が糊に吸着され、衣類から離れやすくなるのです。糊は固形のものでも、液体のものでもOKです。水溶性のものが多いので、他の洗濯物と一緒に洗っても糊が移ることはありませんし、すすぎ洗いの回数も通常どおり1回で問題ありません。ただし、接着剤は不溶性のものが多いため、この裏技に用いるのは避けてください。

 

また、汚れた部分にスクラブ入りの洗顔料をつけて、揉み洗いしてから洗濯機で洗うのも効果抜群です。スクラブの粒が洗濯機の中で動き回って、研磨剤のような役割を果たしてくれるようですよ。

 

 

できた!がつくる、できる!の自信

雨の日でも室内で楽しくお子さまが過ごせる工夫がいっぱいの<こどもちゃれんじ>では、年齢や発達に合った教材に挑戦していくことで、「できた!」体験を積み重ねていくように設計されています。また、一緒に成長するしまじろうがいつでも応援してくれるので、一人ではくじけそうなことでも一緒に乗り越えて「できた!」を増やしていきます。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A