9 産業と技術革新の基盤をつくろう 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 12 つくる責任つかう責任 12 つくる責任つかう責任 14 海の豊かさを守ろう 14 海の豊かさを守ろう

地球を守るために
家庭でできる第一歩!
3R(スリーアール)で、
持続可能な
社会を
実現しよう!

環境保護のための取り組みとして、日本でも有名になった「3R(スリーアール)」。「3R」とは、「Reduce(リデュース)=ごみの発生を減らすこと」、「Reuse(リユース)=くり返し使うこと」、「Recycle(リサイクル)=資源として再生利用すること」の3つの「R」を指す略語です。

しかし、今でも世界では毎日大量のごみが出続けていて、環境に深刻な悪影響を与えています。「3R」でごみの量を減らして、地球の豊かな資源と自然を守ることは、2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)が目指す持続可能な社会の実現とも関わりがあります。

「3R」は持続可能な社会に貢献できる、最も身近な取り組みの一つでもあります。3Rの知識をおさらいし、さらに最近耳にすることが増えてきた「3R+Renewable」について知ることで持続可能な社会について考えてみましょう。

生産と消費のサイクル
を見直す
「リデュース」
「リユース」
「リサイクル」

生産と消費のサイクルを見直す「リデュース」「リユース」「リサイクル」 生産と消費のサイクルを見直す「リデュース」「リユース」「リサイクル」

そもそも3R(スリーアール)とは、環境を守るためにごみを限りなく減らそうという考え方で、環境保護を目指す取り組みとして有名です。

20世紀は大量消費の時代でした。大量に生産し、大量に消費し、大量に捨てるというサイクルだったのです。こうした大量消費型の社会によって環境破壊が進んだことは、地球の気候変動とも無関係ではありません。

そのため、生産者も消費者も、ごみが出ること自体を減らしたり、資源の利用を節約したり、資源を再生利用したりすることに取り組んで、環境への負荷を減らす「循環型社会」へ転換することが求められるようになったのです。

この循環型社会を実現する重要なキーワードとなるのが、次の3つの「R」から始まる単語で表される「3R」です。

Reduce(リデュース)=ごみの発生を減らすこと
Reuse(リユース)=くり返し使うこと
Recycle(リサイクル)=資源として再生利用すること

この3つの「R」はそれぞれ独立した行動ではなく順番も重要です。まず、ごみになってしまうものを減らすこと。次に、まだ使えるものは使い続けること。そして、どうしてもごみになってしまうものは、資源として再生利用すること。このようなサイクルができるのが理想像です。

2000年には日本でも、「循環型社会形成推進基本法」という法律ができました。また、2016年5月のG7伊勢志摩サミットに先立って、富山県にG7の環境大臣が集まって行われた会合でも、資源の有効活用と3Rの推進を目的とする「富山物質循環フレームワーク」が採択されました。

3Rは限りある資源を守るための、世界共通の約束事でもあるのです。

3Rの「リデュース」
「リユース」
「リサイクル」そして
「リニューアブル」
って?
その違いを解説

「環境破壊をくい止めよう」と言われると難しい感じがしてしまいますが、3Rは家庭でもすぐに始められる取り組みです。私たちにはどんなことができるのか、「リデュース」「リユース」「リサイクル」に分けて、具体的な取り組みの例を見てみましょう。さらに、最近注目が高まっている「リニューアブル」についても解説します。

■Reduce(リデュース)

リデュースはもともと「減らす」という意味です。3Rでは、ごみの発生自体を減らすこと、資源の無駄遣いを減らすことを指します。消費者の立場では、ごみになるものを買わない・もらわないこと、長く使えるものを選ぶことなどに気をつけて、ごみになるものを減らす意識を持つことが大切です。

リデュースの身近な例には以下のようなことが挙げられます。

  • 買い物をするときはマイバッグを持参して、レジ袋を必要以上に購入しない
  • 水筒を用意して、ペットボトルの飲料を買わない
  • 洗剤やシャンプーは詰め替え用があるものを選ぶ
  • 修理できるものは、手入れや修理をして長く使う
  • 過剰包装の商品を避ける
  • 生産するときに資源を節約して作られた省資源の製品を選ぶ

ここ数年、利用する人が増えているシェアサイクルのように、使用頻度が低いものはシェアして使うこともリデュースの一つです。また、たくさん買いすぎて食べきれないということがないように、食品を買うときに適切な量を意識することもリデュースにつながります。2020年7月1日からプラスチック製レジ袋の有料化が全国で開始されることになりました。有料化することでそのレジ袋が本当に必要か考えるきっかけとなり、リデュースにつながることが期待されています。

■Reuse(リユース)

リユースとは「再利用」という意味です。使用済みのものでも、譲り合ったりして、もう一度使うことを言います。

リユースの身近な例には以下のようなことが挙げられます。

  • リターナブル容器(飲料のビンのように、販売店で回収して洗浄し再利用する容器)のものを選ぶ
  • 着なくなった服をフリーマーケットなどで人に譲る
  • 読まなくなった本を古本屋に持っていく
  • リサイクルショップを利用する

最近では、フリマアプリを利用する人が増えていますが、これもリユースの一つです。

■Recycle(リサイクル)

リサイクルは私たちの生活に身近な言葉になりました。ペットボトルなどのようにごみを回収し、資源として再利用することを言います。日本は資源の少ない国ですから、資源を再利用することは重要な課題でもあります。しかし、3Rではそもそもごみを出さないことが重要です。つまり、リサイクルするごみも少ないほどよい、ということを覚えておきましょう。

リサイクルの身近な例には以下のようなことが挙げられます。

  • ビン、缶、ペットボトル、容器包装プラスチックなどをきちんと分別する
  • 家電を捨てるときは、住んでいる地域の家電リサイクルの決まりをきちんと調べる
  • リサイクルで生産された商品を選ぶ

たとえば、日本では多くの自治体が新聞や段ボール以外にも、お菓子やボックスティッシュの空き箱などの雑紙を資源ごみとして回収しています。可燃ごみとして燃やしてしまえばただのごみになってしまいますが、メモ用紙ほどの小さな紙でも、分別することで、また資源として戻ってきます。まずは、自分の住んでいる地域のごみの分別について調べてみるのもおすすめです。

■Renewable(リニューアブル)

ここ最近、この3Rに「Renewable」を加えた「3R+Renewable」という言葉が使われ始めています。「Renewable(リニューアブル)」とは、「再生可能な資源に替えること」です。

たとえば、今使われているレジ袋はほとんどがプラスチックで、一度使用したら役目を終えてごみになります。そこで、プラスチックに替えて、くり返し使える素材として考えられたのがバイオマスプラスチックです。くり返し栽培できる植物をもとに作られるバイオマスプラスチックは、微生物によって分解される性質もあるので、資源を循環させることができると考えられています。

環境への負荷が大きいプラスチックなどの素材を、バイオマスプラスチックのような循環型の素材に替えていこうというのが、リニューアブルの考え方です。

日本でも政府によって、2030年までにバイオマスプラスチックを約200万トン導入することが目標として定められ、可燃ごみの指定袋をバイオマスプラスチック製のものに替えようとするなど、さまざまな取り組みが進められています。

買い物をするときに、こうしたリニューアブルな素材を使ったレジ袋や容器のものを選ぶのも、環境保護のための身近な取り組みの一つになるでしょう。

3Rが注目される背景|
SDGs
(持続可能な
開発目標)を達成する
ための取り組み

3Rが注目される背景|SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための取り組み 3Rが注目される背景|SDGs(持続可能な開発目標)を達成するための取り組み

■3RとSDGsのつながり

3Rは環境保護のための取り組みとして広まりました。一方で、持続可能な社会を目指すために2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、地球の環境と資源を守りながら、経済を発展させるためにはどうすればよいのかということが大きなテーマとなっています。

世界では日々大量のごみが発生していて、その処理に多額の資金がかかったり、ごみを燃やすことによって大量に二酸化炭素が発生したりすることなどが問題視されています。また、適切に処理されていないごみが環境を汚染していることも大きな問題となっています。

ごみを資源として再利用することや、そもそもごみとなってしまうものを減らそうとする3Rという取り組みは、SDGsでもテーマとなっている、地球の資源の枯渇、地球温暖化、海洋汚染などの問題を解決するためにも、大切な取り組みなのです。

ごみの問題は、SDGsの「目標12.つくる責任つかう責任」や「目標14.海の豊かさを守ろう」などでも、解決すべき課題として大きく取り上げられていて、世界の企業の間でも、ごみが出にくい製造方法、再利用しやすい原料を使った製品づくり、再生可能な素材の開発といった取り組みが広まっています。こうした新しい技術の開発は、地球の環境と資源を守りながら経済を発展させるために欠かせないものでもあります。

「生産と消費のサイクルを見直して、地球温暖化を防止しよう」と言われても、自分に何ができるのかすぐには思いつかないかもしれません。しかし、「可燃ごみと資源ごみをきちんと分別しよう」「長く使えるものを選ぼう」という3Rの考え方を意識することで、家庭でもすぐ行動に移せますね。環境を守りながら、経済を持続的に発展させるために、今、私たち一人ひとりが3Rを徹底することが求められています。

■コロナショックでもごみの増加が問題に

日本での食品廃棄物は年間600万トンを超え、その中にはまだ食べられるのに捨てられている食品も多く、フードロスとして問題になっています。そのうち、家庭系の食品ごみは291万トンにも上ります。

世界でもフードロスの問題は深刻で、SDGsでも解決すべき課題として取り上げられています。

このように食品ごみの多さが問題となっている中、さらに、新型コロナウィルス感染症の感染が拡大する以前より外出を控える人が増えた結果、家で食事を作る回数が多くなって生ごみが増えたり、買い占めによって食べきれずに捨てられる食品が増えたことが指摘されています。

フードロスをはじめとするごみの問題を解決するためには、家庭でも、さらに積極的にごみを減らす工夫をしていかなければいけません。コロナショックは、私たち一人ひとりがごみの問題と向き合うきっかけになったとも言えそうです。

ごみの問題はSDGsで取り上げられるような地球規模の問題ですが、家庭から取り組みを始めることができる問題でもあります。

たとえば、牛乳パックや食品トレー、ペットボトルなどを使った工作も、お子さんが地球の環境とごみの問題について考えるきっかけにすることができます。自分の家からはどんなごみが出ていて、どのように分別して、リサイクルできるごみはどれなのか調べてみるのもよいでしょう。また、家の中で使っているものや着ているものの中で、リデュース、リユース、リサイクル、リニューアブルにあたるものがあるかどうか調べるのも、お子さんの学びを深めることに役立つでしょう。

<参考>容器包装の識別マーク一覧

  • 3R識別マーク「アルミ缶」
  • 3R識別マーク「スチール缶」
  • 3R識別マーク「ペットボトル」
  • 3R識別マーク「プラスチック製容器包装」
  • 3R識別マーク「紙製容器包装」

(※上記の識別マークとは、消費者がごみを出すときの分別を容易にし、市町村の分別収集を促進するためのマークです。識別マークに基づいて消費者がきちんと容器ごみを分別すれば、この識別マークがついた商品はリサイクル可能な資源として生まれ変わる可能性が高まります。回収方法やリサイクル対象商品の基準など、自治体によって大きくルールが変わりますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。)

3Rをきっかけに身近なごみから調べたり考えたりすることは、環境保護やSDGsが目指す持続可能な社会の実現に貢献する第一歩になるはずです。

【この記事に関連する目標】

※他の目標とも関連していますが代表的なものをあげています。

[参照元]

日本の廃棄物処理の歴史と現状|環境省

https://www.env.go.jp/recycle/circul/venous_industry/ja/history.pdf

プラスチック資源循環戦略|環境省

https://www.env.go.jp/press/files/jp/111746.pdf

もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html

東京ドーム115杯分!全国ごみ少ないランキング発表 新型コロナで生ごみ増 減らすための10ポイント(井出留美) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20200406-00171721/

新型コロナで外出自粛 家での調理増 臭う生ごみを半分以上減らせる策とは?上限5万円助成の自治体も(井出留美) - 個人 - Yahoo!ニュース

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20200403-00168220/