【中学生自由研究テーマNo.104】 黄身と白身が逆転したゆで卵を作る

対象学年
中学1年生
中学2年生
中学3年生
制作日数
1日
3日
カテゴリ
食べ物
つくる

作り方

<必要なもの>
生卵、セロハンテープ、ストッキング、針金やモールなど(ストッキングをとめておくもの)、懐中電灯
<作り方>
①生卵にセロハンテープをぐるぐるすき間なく巻きつける。
②①のセロハンテープを巻きつけた卵をストッキングに入れ、片側をしばり、もう片側を針金でとめる。
③卵が中央になるようにストッキングの左右をもち、ストッキングごと卵をぐるぐる回し横に引っ張る。
「ぶーん」という音が聞こえるまで繰り返す。
④卵をストッキングから出し、卵の下から懐中電灯の光を当て、卵の中が暗くなっていることを確認する。
⑤水から卵をゆでる。セロハンテープは貼ったままでOK。
沸騰してから13~15分間、卵を転がしながらゆでて、水で冷やす。
【動画で確認しよう!】

まとめ方

なぜ外側が黄色で内側が白のゆで卵ができるのかを調べよう。何という力を利用した方法かな?
出来上がりや作業中の写真もそえて、作るときに難しかった点や工夫したことを書いてみよう。

黄身と白身が逆転したゆで卵を作る