二瓶 健次 先生

総合監修:二瓶 健次 先生

各専門分野の先生の紹介

体の部位

体の部位アドバイス - おなかに関すること

便秘0歳8ヵ月
寄せられたご相談

便秘がひどく、浣腸(かんちょう)もいやがります。

相談内容の詳細を見る

8ヵ月になる娘ですが便秘がひどく困っています。水分補給や離乳食の内容を工夫したりしていますが1週間出ないこともあります。
最近、綿棒浣腸(かんちょう)をするときいやがり抵抗するようになりました。大泣きするので、こちらの方も気が引けてしまいます。このまま浣腸を続けてもいいでしょうか?

先生からのアドバイス
二瓶 健次 先生

おなかが張っているなど、ほかの症状がなければ、無理に浣腸はせず様子をみましょう。

アドバイスの詳細を見る

便の回数には個人差がかなりありますので、基本的にはそのまま様子を見てよいものです。
便は1日に何回もする赤ちゃんもいれば、4、5日に1回という場合もあります。便秘の様子も便がかたくて出すのに苦労する場合と便はかたくはないけれど回数が少ないという場合があります。

かたい便の場合は、ふだんから、ご相談に書かれているような便をやわらかくする食事や腸の動きを促すような食事に注意することが必要ですが、1週間も出ない場合や、かたくて無理をするとおしりが切れて出血するというような場合はやはり浣腸が有効でしょう。
浣腸で泣かないお子さんはいません。おお泣きしても手際よくやれば大丈夫です。
便は特にかたくないのに、便の回数が少ないような場合は基本的には心配はありません。下半身を動かす運動をしたりおなかをマッサージすると効果があるかもしれません。

おなかが張ってきたり、便秘で苦しそうにしておなかを痛がったり、吐き気があるような場合はすぐに小児科を受診してください。
綿棒にオイルをつけて肛門(こうもん)を刺激するという方法はよくとられます。肛門を刺激するという効果と、便のすべりをよくするという効果が期待できます。赤ちゃんの様子を見計らって手際よくやることがコツです。

また、赤ちゃんの場合、下剤を飲ませる必要に迫られることはほとんどありませんが、ときには便秘の薬を処方することがあります。便秘で困ったという赤ちゃんをたくさん見てきましたが、いつの間にか便秘がなくなり、便秘のことを忘れてしまっていることがほとんどですので、もうしばらく様子を見てみましょう。

関連するQ&A

Yahoo!ブックマークに登録ヤフー このエントリーをはてなブックマークに追加 はてな

<こどもちゃれんじ>なら お子さまの成長にあった教材を毎月お届け!

無料おためし教材と資料の申し込み