【中2・12月号】ニガテは年内に解消!「受験」を見据えたやる気UP法(ハイブリッドスタイル)

定期テストが返却された際、お子さま自身も思うような結果ではなかったけれど、ニガテや間違えた単元の振り返りを放置したまま···、ということはありませんか?
学校では一つ上の先輩たちが高校受験を控えていて、少しずつ「受験」を意識し始めるころ。テストの振り返りは受験対策にもつながるため、次のテストまで時間があるこの時期に取り組んで、ニガテをつぶしておくことが大事です。

— 目次 —

まずは定期テストの振り返りから!

定期テストが終わると、勉強への意欲が低下して、テストの振り返りに取り組めないお子さまも。なかなか進められないときは、「ゼミ」の楽しいイベントに参加するよう、ぜひお声がけください。

『中二講座』12月号では、〈レッスン〉や〈実力診断マークテスト〉に取り組むたびに、タブレットの特設ページにある「チャレ友イルミ360°」のイルミネーションを点灯させることができます。また、そのほか「チャレ友チーム対抗」もあり、優勝めざしてレッスン数を競うことで、取り組みのモチベーションをキープしながら、ニガテを解消していけます。

※ここでお知らせしたデザイン・名称・内容などは変更になることがあります。
※11/20(月)~12/25(月)までの期間限定公開です。
※<アクセス方法>ホーム画面右側の「やる気アップルーム」内バナーから。

テストの振り返りは、タブレットに振り返り登録をすることで、効率よく進められます。テストの点数と次の目標点の入力で、お子さまのテスト結果に合った専用の学習計画を提案。専用のアドバイスもゲットできます。
お子さまのテスト振り返りが不十分と感じた場合は、12/1(金)18:30スタートの「テストお疲れ! 特別イルミデコレーション投票会」へ。全国の「ゼミ」生と一緒にテストの振り返り登録をし、〈レッスン〉で振り返りができます。振り返り後は、特別に設置する「チャレ友イルミ」のデコレーションを決める投票会に参加できます。

テストで間違えたところをそのままにしている場合は、間違えた単元だけでも取り組むようにすすめましょう。どこがニガテだったか忘れてしまってから取り組むより、自分のニガテがわかっている今のほうが短時間で終えられ、学年末テスト時の振り返り学習もラクに! 「授業カルテ」なら単元を選べるので、ピンポイントでニガテを解消できます。

〈実力診断マークテスト〉で隠れたニガテもすっきり解消!

ニガテ解消の仕上げは、12月号の〈実力診断マークテスト〉に取り組みましょう。提出は1教科から可能。お子さまの学習理解度の確認とともに、本人が気づいていないようなニガテもあぶり出し、すっきり解消できます。

12/3(日)には、「ゼミ」の仲間と同じ時間割で一斉に〈実力診断マークテスト〉を受ける「冬のミステリー★マークテスト合宿」を実施。「とある男が授業をしてみた」でおなじみの勉強系YouTuber葉一さんとクイズに挑戦しながら、楽しく取り組めます。1教科のみ参加することもできます。

動画コンテンツで「受験」を見据えたやる気UPへ!

お子さまも、4か月後には受験生。しかし中2のうちは、「そろそろ受験の準備を」と言われてもまだ想像できず、漠然としたイメージしかないものです。そこで『中二講座』では、中2生が何となく抱いている受験に向けたモヤモヤを解消するオンライン進路セミナー動画をご用意しています。受験を見据えた対策を始めたり、やる気UPのきっかけとして、お子さまと一緒にぜひご視聴ください。

「今から始める受験戦略」動画 絶賛公開中!

第1話「高校ってどんなところ? 受験対策って何から始めればいいの?」
第2話「行きたい高校ってどうやって決めればいいの?」
第3話「今から始める受験戦略とは?」

また、1月号では、中1・2の5教科の要点を5日間という短期間でギュッと復習できるオンライン冬期講習を実施します。部活などで忙しいというお子さまには、録画授業も用意しているのでご安心ください。冬期講習でしっかり復習して、気持ちよく受験学年をスタートさせましょう。