【小学生自由研究テーマNo.153】 ピニャータ(くす玉)の作り方

対象学年
保護者と一緒
制作日数
3日
カテゴリ
調べる
世界
工作

こちらの実験は
アプリ限定で配信中です。

無料・会員登録不要

今すぐ実験をチェックしよう!

まなびの手帳では、
お子さまにぴったりの
自由研究診断など
この冬、お子さまと読みたい
役立つ情報がいっぱい!

ピニャータとは

ピニャータは、日本のくす玉のようなものです。メキシコを始めとした南米で、お祝いやお祭りの際に使われます。ピニャータの中に入れるのは、お菓子やおもちゃといった子どもたちが好きなもの。棒で叩いて壊すことで、中身が出てくる仕組みです。また、ピニャータは悪魔が化けたものを表しているのだそう。叩いて壊すことで悪魔払いができ、幸運が訪れるといわれています。

用意するもの

  • 1 風船
  • 2 新聞紙
  • 3 小麦粉(100グラム)
  • 4 水(200ml)
  • 5 ボウル
  • 6 ガムテープ
  • 7 ひも(1mくらいを2本)
  • 8 はさみ
  • 9 のり(スティックのりや液体のり)
  • 10 お花紙(蛇腹折になっている花飾り制作用を使うと便利)
  • 11 お菓子(カプリコやラムネなど軽いものが良い)

手順

  • 1 1枚の新聞紙を中央で切り分けたら、10センチくらいの幅で切りやすい方向に裂く。

  • 2 風船をふくらます。

  • 3 ボウルに小麦粉と水を混ぜ、小麦粉水を作る。

  • 4 汚れても良いように新聞紙を置き、風船の結び目を上にして誰かに持ってもらう。
    ※新聞紙を厚めにすると床が汚れにくいです。

  • 5 裂いた新聞紙を1枚、小麦粉水の上に置く。滑らせるようにして片面全部に付ける。
    ※小麦粉水につけた新聞紙は破れやすいので気を付けましょう。

  • 6 新聞紙を風船に貼り付ける。結び目の方から下方向に向かって貼り付けるとよい。

    • ※風船の結び目の周りは5cmほど空けておきましょう。
    • ※お子さんが行う場合は、新聞紙の長さを半分にするとやりやすいです。
    • ※小麦粉水が無くなったらその都度作りましょう。

  • 7 風船全面に新聞紙を貼り付けていく。下の部分(結び目の反対側)にも貼る。

  • 8 全面に貼ったら、結び目にひもを1本結びつける。

  • 9 ポールハンガーやベランダの物干しざおにひもを使ってぶら下げ、乾かす。

    • ※風で揺れて壁や床を汚さないように、ぶら下げる場所に注意してください。床には新聞紙を置くと安心です。
    • ※外で干す場合は、お天気が良ければ3時間程度で乾きます。

  • 10 乾いたら、もう一度全面に新聞紙を貼り付ける。

  • 11 再び乾かし、ある程度全体が乾いたら、室内で一晩じっくり乾かす。

    • ※小さなお子さまの手が届かないところで乾かしましょう。おすすめは洗面所や浴室にぶら下げて換気扇を一晩かけておくことです。
    • ※密閉された場所は、小麦粉のにおいが充満してしまうので注意しましょう。

  • 12 しっかり乾いたら、中の風船から空気を抜く。結び目より1cm下の部分を指でつまんで、上の部分のゴムを緩め、そこにハサミで小さな穴をあける。
    ※つまむ人、風船を押さえてハサミで切る人、2人で行うと上手にできます。

  • 13 ゴムを少しずつ緩め、空気をゆっくり抜く。
    ※急に手を離すと一気に空気が抜け、新聞紙がへこんだり破けたりしてしまいます。

  • 14 風船を取り出し、口の部分の形をハサミで切って整える。短く切ったガムテープで口をぐるっと一周補強する。

  • 15 ガムテープを貼った部分に、向かい合うように2か所穴を開ける。(ひもを通すための穴)

    • ※筆記用具などを差し込んで穴を開け、そこにハサミの先をねじ込んで大きくすると簡単です。
    • ※この作業は危ないので大人が行い、やぶかないように注意しましょう。

  • 16 お花紙を蛇腹に折り、真ん中あたりでカットする。のりしろになる部分(1~1.5cm程度)を残し、折り目に沿ってハサミで切り込みを入れる。
    ※ヒラヒラした飾りがたくさんできます。

  • 17 丸くなっているところ(穴の反対側)から5cmほど上の部分にのりをつけ、カットしたお花紙を貼り付ける。

    • ※つける際も、へこませたり破いたりしないように慎重に行いましょう。
    • ※逆さにして空き瓶などで支えると、下の部分も貼りやすいです。

  • 18 ガムテープで補強した部分までお花紙を貼る。

  • 19 中にお菓子を入れて、先ほど開けた穴にひもを通してぶら下げたら、ピニャータの完成!!
    ※ひもはそのままだと通しにくいので、ガムテープで先を整えてから行うのがおすすめです。


考え方のヒント

「ピニャータ」は、メキシコを始めとした南米のお祝い事に欠かせないもの。起源は16世紀の宗教儀式で、悪魔払いとして行われていました。それが形を変え、パーティーの余興として現在でも楽しまれているのです。

型(ここでは風船)に紙を張り付けてつくる物は「張り子」と呼ばれています。だるまや郷土玩具、お面など、身近なところにも張り子はたくさん。日本でも全国各地で見ることができます。

まとめ方

世界のピニャータはどんな形で作られているか調べてみましょう。丸い形だけではなく、複雑な形にチャレンジして作り方をまとめるのも楽しいですね。

注意

  • ・小麦粉を使用するので、小麦粉アレルギーの人がいる場合は注意してください。
  • ・ビニール手袋などをして作業するとよいです。
  • ・貼り付けるときや乾かすときに床や壁が汚れやすいので、気を付けましょう。
  • ・ピニャータで遊ぶときは、棒で周りの人を叩かないように注意してください。叩くときは必ず1人ずつ行い、見ている人は離れましょう。

ピニャータの遊び方

ひもを使って上からぶら下げたら、それを順番に棒で叩いていきます。メキシコではピニャータの歌があり、それを歌っている間なら何度でも叩いてよいというルール。日本で行う場合は、わらべ歌を歌ったり数をかぞえたりしてもよいですね。壊れるまで交代して叩き、壊れて中身が落ちてきたらみんなで拾いましょう。
柱や木などにぶら下げてもよいですが、ひもの両端を大人2人で持ってあげるのもおすすめです。子どもの身長に合わせて高さを変えることもできますし、わざと動かして難しくすることもできます。

こんなイベントで遊ぶのもおすすめ

誕生日、クリスマス、ハロウィンといった大きなイベントで活躍するピニャータ。夏祭りやクラスのレクリエーションなど、子どもたちが集まるちょっとしたイベントやお祭りで遊んでも面白いでしょう。それぞれのイベントに合わせて作り方をアレンジしてもOK。クリスマスは緑と赤、ハロウィンはカボチャ、夏祭りはスイカなど、お花紙の色や貼り方を変えるとさらに盛り上がるでしょう。

関連するテーマ

小学生に人気な
自由研究ランキング