【小学生自由研究テーマNo.112】 えん筆のしんでインクを消してみよう!

対象学年
小学5年生
小学6年生
制作日数
1日
カテゴリ
つくる

調べ方

エナメル線(または銅線)2本、ニッパーなどで取り出したえん筆のしん、セロハンテープ、かん電池1個、紙、インク(万年筆やサインペンなどを数種類)、食塩水を用意しよう。
取り出したえん筆のしんを2つに割ろう。2本のえん筆のしんそれぞれにエナメル線をまきつけ、セロハンテープで固定しよう。
紙にインクで文字や絵をかき、消したいところに食塩水をたらそう。エナメル線の、えん筆のしんをつないだ側とは反対側にかん電池をつなぎ、えん筆のしんの先を食塩水にふれさせよう。あわが発生して、インクが消えるよ。

まとめ方

消えるインクと消えないインクがあったかな? インクが消えるとき、どんなことがおこったかな? どうして食塩水をたらすのかな? 食塩水の代わりに、水を使ったらどうなるだろう? 実験してわかったことや調べたこと、感想をまとめよう。

えん筆のしんでインクを消してみよう!

関連するテーマ

小学生に人気な
自由研究ランキング