ひらがな

沢井佳子先生
監修:沢井佳子先生
プロフィールを見る

STEP1.単語を音節に分けるとは?

「ひよこ」は「ヒ・ヨ・コ」という3つの音節からなり、1音節に1文字ずつ対応しますから
「ひ・よ・こ」という3文字で表すことができます。
原則として、ひらがな1文字に1音節が対応するという日本語の特徴のおかげで、
幼児はひらがなを学びやすいのです。
まず、聞いた言葉を音節に分けて、聞き取り、一つの音に一つの文字を当てはめる…
という理解が、ひらがな文字の習得の基礎として重要です。

イラスト STEP1

音節分解をつかった遊び

●頭音あつめ

イラスト 頭音あつめ

「あ」で始まる言葉を集めるという頭音あつめは、3歳くらいのお子さまでも楽しめることば遊びです。
この遊びを通して「あ」は「ア」という音を表しているのであり「あり」の「ア」も「あひる」の「ア」も、ともに「あ」と書くのだということを学ぶことにつながります。

●しりとり

イラスト しりとり

しりとりは、単語の末尾の音を聴き取り、その音が頭につく言葉をさがすゲームです。
音節分解が十分にできていないと遊べないので、頭音あつめよりも高度になります。