小学生・中学生の保護者必見! 読書感想文
カンタン解決策特集
読書感想文
攻略
トップページ 読書感想文カンタン解決策特集
トップページ

2読む

読書感想文、本の読み方

ポイント1

「読む前」「読んでいる最中」に
注意するとスムーズに!

読書感想文をスムーズに書くためのポイントは本を読む際に工夫をすることです。「読む前」「読んでいる最中」に少し注意をすれば、一度とおして読むだけで、書き始めることができます。

ポイント2

読み始める前の本の印象と
読み終えた時の気持ちをメモしよう!

読む前とあとでは、本の印象は変わります。読み始める前に、どんな印象かをメモしてから読み始めましょう。この作業をすることで、「初めは○○と思っていたが、△△だった」というように、読書をとおして学んだこと、印象の変化を具体的に書くことができます。

本のタイトル

『花さき山』

読む前

「絵がきれい」
「山に花が咲くのかな
という漠然としたイメージ」

読んだあと

「優しいことをすると、花さき山に一つ花が咲く」
登場人物のあやがこのことを胸に生きていく、
という心あたたまる話だった。

読んでいて心が動いたとき、
そこにしるしをつけよう!

読んでいる最中に「私だったらこうする」「自分にはまねできないな」「ドキドキする」など、心に残る箇所が出てきたら、
あとから見返すことができるように、付箋(せん)を貼ったり、何かしるしをつけたりしておきましょう。

上級編

「作者が訴えたかったことは何か」を考えながら読む

本をとおして、作者が読者に伝えたいことは何かを考えながら読んでみましょう。上級者向けですが、これがわかれば、「作者の伝えようとしていることは●●●ということだと思う。私はこのようなことに対して、▲▲のように思う」という展開が可能です。自分なりに内容を理解し、作者の意図する所を読み取ることができると楽に進められます。

上級編

「作者が訴えたかったことは何か」を考えながら読む

本をとおして、作者が読者に伝えたいことは何かを考えながら読んでみましょう。上級者向けですが、これがわかれば、「作者の伝えようとしていることは●●●ということだと思う。私はこのようなことに対して、▲▲のように思う」という展開が可能です。自分なりに内容を理解し、作者の意図する所を読み取ることができると楽に進められます。