中学受験をしない小6生が中学までにやっておくべきこと(1)【算数編】

中学校に入ると学習内容も難しくなり、定期テストも始まり、「授業ではわかるのだけれど、テストで解けない」、「いつもケアレスミスしてしまう」ということがあります。今回は、中学から「数学」に変わる算数について、やっているかどうかで差がつく、中学までに身に付けてほしい学習習慣と学習テーマについてご紹介します。

この記事のポイント

「解ける」だけでなく「速く正確に解ける」を目指す

中学では「算数」から「数学」に変わり、より抽象的な数を使って『考え方』を学んでいきますが、その学習の土台として、算数で学んできた正確な計算の知識・技能の習得が非常に重要になります。
「授業ではわかるけれど、テストで解けない。」「いつもケアレスミスしてしまう。」というときは、学習内容が定着していないことが原因として考えられます。
算数、数学では、「授業がわかる⇒問題も解ける」ことはもちろん重要ですが、「速く正確に解ける」ことがより重要。ただの「解ける」で学習を終えてしまうと、

  • ・理解が浅いため忘れる
  • ・ケアレスミスを起こす
  • ・制限時間内に解けない
  • ・計算理解に時間がかかり、やがて授業スピードについていけなくなる

ということになってしまいます。

「速く正確に解ける」ようにする学習習慣

「解ける」段階まで来ている場合は、次に紹介する2つのポイントを押さえれば「速く正確に解ける」ようになります。

  • ①基礎的な内容にしぼった問題を反復演習
  • ②時間を計って取り組む

①基礎的な内容にしぼった問題を反復演習

応用問題を解くためには、基本レベルの計算力がしっかりできているかどうかがカギ。だから、まずは基本的な問題が解けることが重要です。内容と分量がしぼられたひとつの教材を最低3回は繰り返し取り組みましょう。3回やっても間違えてしまう場合は、間違えなくなるまで繰り返すことがポイントです。

②時間を計って取り組む

キッチンタイマーなどを使って、時間を計り記録していきましょう。教材に制限時間があるものは制限時間内に解くことを目指し、制限時間内に解けたら、前に取り組んだ時よりも速く解けることを目指しましょう。時間を計ることで、計算スピードが速くなるだけではなく、集中力が高まり、短い時間で効率的に学習することができます。

中学までに「速く正確に解ける」ようにしておきたいテーマ

それでは小6の今、何に取り組むと良いでしょうか? 中学での学習準備として大切なテーマをご紹介します。

  • ①基本的な計算の演習
  • ②小5、6で学習する中学での学習と関連性の深い単元

①基本的な計算の演習

整数、小数、分数の四則演算(たし算・ひき算・かけ算・わり算)がひととおり「速く正確に計算できる」状態を目指しましょう。基本計算力は大学入試まで必要な力です。四則演算が混ざった複雑な計算も速く正確にできるよう、時間を計って反復演習していくことが大切です。

②小5、6で学習する中学での学習と関連性の深い単元

特に小5、6で学習する内容は、小学校と中学校の学習の円滑な接続を目的として、中学での学習内容と関係性の深い単元が多く扱われています。中学生も苦手になるテーマも多く含まれていますので、小5、6の基本問題も「速く正確に解ける」ようにしておくと良いでしょう。

■中学校と関連の深い学習内容の例

まとめ & 実践 TIPS

中学の「数学」では、より抽象的な数を使って『考え方』を学んでいきますが、その学習の土台として、算数で学んできた知識・技能の習得が非常に重要になります。
具体的な方法としては、
①基本的な計算の演習
②小5、6で学習する中学での学習と関連性の深い単元
といった復習を、時間を計りながら集中して取り組んでいくことが効果的です。

株式会社プランディット 編集事業部 数学課 鈴木
編集プロダクションの株式会社プランディットで、進研ゼミを中心に、算数・数学の教材編集を担当。

プロフィール

株式会社プランディット

1988年創業のベネッセ・グループの編集プロダクションで,教材編集と著作権権利処理の代行を行う。特に教材編集では,幼児向け教材から大学入試教材までの幅広い年齢を対象とした教材・アセスメントの企画・編集を行う。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A