洗足学園中学校

本校PR

中等教育の最大の使命は人格を育成することです。正しい価値観を下支えとした判断基準を有し、高邁な意志を抱き、人と社会に役立つ理想を実現していく高い能力を備えた人物を創り上げていくことが中学・高等学校の教育の目標であり、洗足の教育もそれを目指しています。その上で洗足では、社会の行く末と生徒たちの未来を真剣に考え、独自の教育を行っています。その視線は、卒業後の長い人生に注がれ、その基準は、生徒一人ひとりの『幸福な自己実現』に置かれています。

在校生、教職員からひとことコメント

img

生徒からの声

“縁の下の力持ち”という言葉があります。この言葉を辞書で引いてみると、“人には見えないところで力を尽くし、苦労する人のたとえ”だと出てきます。ここでいう“縁”とは、縁側を下から支えている柱のことを言うそうです。学校においての“縁”とは、先生や生徒、さらには学校全体の活動のことを指すと思います。また、すべての部活動、各種学校行事は生徒会のもとで行われております。以上のことから、生徒会を一言で説明するならば、この“縁の下の力持ち”という言葉が1番相応しいと私は思います。生徒会は、“縁”の下で日々先生と生徒の橋渡しをしながら、生徒全員が快適に過ごせる学校づくりに励んでいます。
生徒会では、前年度は部活動、各種学校行事、学外活動などにおいて“afterコロナ”の時代に対応した見直しを試みてきました。今年度は“withコロナ”の時代として、私たちがその見直しで生まれた新たな様式を実行する時です。コロナ禍以前の活気が今、この学園に戻ろうとしています。今まではソーシャルディスタンスを意識しながら、生徒1人1人が心の中で楽しめるように色々と試行錯誤してきましたが、今年度からは、目に見える活気で溢れる学校を少しずつ目指していきたいと思っています。

高校2年 生徒会長

※取材当時の情報です。

創立

大正15年

高校募集

なし

男女区分

女子

生徒数(中)

776名

生徒数(高)

721名

設置学科

普通科

宗教

なし

制服

あり

給食

なし

登校時間

8:20

下校時間

17:00

オンライン
授業環境

あり

保護者への
連絡手段

メール、電話

屋外グラウンド

あり

プール

なし

学費

入学金240,000円、施設費178,000円、授業料532,400円、PTA/生徒会入会金6,000円、会費20,000円  小計976,400円

住所

〒213-8580
神奈川県川崎市高津区久本2-3-1

最寄り駅

東急田園都市線大井町線溝の口駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅

URL

https://www.senzoku-gakuen.ed.jp/

最新の学校情報

*クリックすると外部Webサイトへ移動します。
*クリック先は重複している場合があります。

洗足学園中学校
運動部 Pick Up

陸上部
  • 陸上競技部は、中学生16人、高校生15人の計31人で週4日、活動しています。
  • 恵まれたトラック環境で走ることができ、個人種目ではありますが仲間と練習を乗り越えていくことで、お互いが切磋琢磨しながら練習に励むことができています。
  • 4月から10月までの大会シーズンでは多くの大会に出場し、県大会へ進出する部員も多くいます。
  • 普段の活動では、スピードや体力をつけるための走り込みや、技術練習を行っています。
  • その時のコロナの状況によってではありますが、夏には三泊四日の合宿を行ったり、アクティビティで部員の中を深めたりしています。
  • 辛い練習を乗り越えた先の達成感や、仲間と日々努力していくことで得られる充実感が陸上競技部の魅力です。
硬式テニス部
  • 硬式テニス部は、高校生 12 人、中学生 25 人、計 37 名の部員で週 4 回活動しています。
  • 中学生、高校生共にグラウンドのテニスコートで技術向上を目指し、日々取り組んでいます。長期休みなど時間が多く取れる期間の部活では試合形式のゲームを行い、試合に勝つことを目標として部活に励んでいます。試合も定期的に行われているため、その度に自分の改善点が見え普段の部活に一層身を入れることが出来ます。
  • また今年度はコロナ禍により実施が確実ではありませんが、夏休みには3泊4日の合宿、水遊びや流しそうめん、新年会などの楽しい行事を通して学年を超えて仲を深めています。
新体操部
  • 新体操部は中学生25人、高校生17人の計42人で週4回活動しています。
  • 1年間を通して、文化祭公演や3月公演に向けた集団演技の練習及び大会に向けた団体個人の競技練習を行っています。
  • 5人1組で行う団体では、現在高校生がフープ、中学生がボールを使用して練習しています。個人ではリボン・フープ・ボール・クラブの中から1つ選び、練習しています。
  • 公演や演技を完成させたときに大きな達成感を得ることができる、というチームスポーツならではの魅力はもちろん、個人としてスキルアップができた際にも大きな充実感を得られるところも新体操部の魅力です。
  • 経験者は多くありませんが、部員同士教え合いながら日々切磋琢磨しています。
スカッシュ部
  • スカッシュ部は、高校生30人、中学生13人の合計43人の部員で、週4回活動しています。
  • 日々の活動は、コート練と外練の2種類があります。
  • コート練では、学校内にあるスカッシュコートでラリーの練習や正確なショットを打つための練習をしています。外練では、筋トレや素振りなどを行い、体力向上に励んでいます。
  • 技術面に関して、先輩から教わるだけでなく、コーチからの指導を受けることもできます。
  • 春には全日本ジュニアスカッシュ選手権大会、夏にはジャパンジュニアオープンという大きな大会があり、大会では、表彰台に登ったり、入賞をする部員もいます。
  • また、夏休みの外部施設での練習やクリスマスパーティーなどの楽しい行事で、部員同士の仲を深め、楽しく活動することができます。
バドミントン部
  • バドミントン部は、高校生25人、中学生20人、計45名の部員で週4回活動しています。
  • 体育館やグラウンドが主な活動場所で、体育館では実践的なバドミントンの練習、グラウンドでは基礎的な筋トレやストレッチ、素振りなどを行っています。
  • 年間を通して地区大会などが実施されるため、それらに向けた練習を主に行っています。ノックや打ち合いなど様々なことを高校生が主体となって中学生に指導しています。
  • ダブルスもシングルスも両方練習しており、どちらの試合にも出場しています。
  • 短い部活時間の中でより効率良く部活を行えるように部活中はメリハリをもって活動していますが、クリスマスパーティーなども催し部員同士の絆を深めています。
  • また過去2年間はコロナ禍により実施できておりませんが、8月には3泊4日の合宿があり、技術力と体力の向上を集中的に行っています。

洗足学園中学校
文化部 Pick Up

弦楽合奏部
  • 弦楽合奏部は、中学生44人、高校生36人の計80名で週4回活動しています。
  • 他校との合同演奏会、ディズニーでの演奏など学外での演奏の機会も多くあり、昨年度の神奈川県高等学校総合文化祭では高文連会長賞を受賞しました。
  • 主な活動としては、文化祭公演と定期演奏会、コンクール等に向けてのパート練習や合奏です。
  • 1年を通し、クラシックからポップスまで幅広いジャンルの曲を練習しています。
  • 指揮者がいないため部員全員の息を合わせることが大変ですが、コンサートミストレスが中心となり音が重なり合った時には大きな達成感を得ることができます。また、定期的に部員全員での親睦を深めるための企画も行っています。
吹奏楽部
  • 吹奏楽部は中学生23人、高校生33人の計56人で週4日活動しています。
  • 吹奏楽部は基本的に4月の体育祭、夏のコンクール・マーチング、9月の文化祭公演、3月の定期演奏会に向けて練習をしており、これらの行事の前は合奏、そうでない期間は個人練習・パート練習をしています。
  • クラシックからポップス、ジャズと幅広いジャンルの演奏をすることに加え、座奏だけでなく、体育祭でのグラウンド演奏やマーチングができるところが魅力です。
  • 楽器初心者が大半ですが、それぞれが効率的な練習を考えて練習し、合奏で木管楽器4パート、金管楽器4パート、打楽器と多くの種類の楽器の音が重なり合ったときには演奏者も心を動かされます。
合唱部
  • 合唱部は、火曜日から金曜日の週4日、中学生7人、高校生7人の計14人で活動しています。
  • 神奈川県合唱祭、NHK全国音楽コンクール、全日本合唱コンクール、文化祭、クリスマスコンサート、3月公演など沢山のイベントに向けて日々練習しています。
  • 昨年度は、NHK全国音楽コンクール高校生の部で銅賞、全日本合唱コンクールで銅賞、文化祭で優秀賞、かながわヴォーカルアンサンブルコンテストで銅賞を頂くことが出来ました。
  • 部員の大半が入部当初は初心者です。ボイストレーナーの先生のもとで本格的な指導を受けながら技術向上を目指しています。
  • 先輩後輩関係なく仲がよく、普段の活動は和気あいあいとしています。
  • 部員が少ない中でも、良い演奏を作り上げるために日々頑張っています。
美術部
  • 美術部は、中学生10人、高校生7人の計17人の部員で週3回活動しています。
  • 1学期は文化祭で展示する油絵を個人で制作します。夏休みから2学期の最初までの期間は、文化祭で目玉となる作品を部員全員で制作します。文化祭後は、1月に開催されるコンクール(全日本学生美術展)に向けて各自が油絵の制作を行います。3学期はデッサンやアクリル絵の具での制作など部員の希望に合わせて様々な活動を行います。
  • アットホームな雰囲気で、学年関係なく仲が良く、とてもにぎやかで温かい部活です。また、絵を描くだけでなく、夏休み中の3泊4日の合宿では、花火をしたり湖で遊んだりと楽しい時間を過ごすことができます。
茶道部
  • 茶道部は、高校生6名、中学生4名、計10名の部員で、週2回、水曜日と木曜日に活動しています。
  • 日頃の練習では、文化祭での茶会に向けてのお稽古と、許状の取得を主な目標としています。週に1度、裏千家の先生をお招きしてご指導いただきながらお稽古に励んでいます。
  • 単に茶道のお作法を学ぶだけではなく、お点前を通じて千利休の「和敬清寂」の心を得ることや、四季折々のお花やお菓子を通じて季節感を養うことができます。
  • 部員同士で互いにお点前について教え合う、とても仲の良いゆったりとした部活です。

洗足学園中学校
行事 Pick Up

体育祭
  • 応援団、審判、進行、用具等の係の全てを中学3年から高校2年までの生徒実行委員が担当し、生徒自身で体育祭を創り上げます。
    特に本年度は、コロナ禍でも実施できるような競技種目やルールの考案や消毒係を新設することによって感染予防対策を行うなど、細心の注意を払って本番を迎えるまでの1年間で1つ1つを組み上げていきました。
    体育祭を通して仲間との絆や、目標に向かって周囲と協力していくことの素晴らしさを実感し、生徒達は大きく成長していきます。
文化祭
  • 毎年2日間にわたり、展示部門、公演部門、飲食部門でクラブ、クラス、学年、委員会などが日頃の活動・研究成果を披露します。たくさんの展示・公演があり、1日では回りきれないほどです。当日は、中学受験生のための入試相談コーナーや、海外留学・研修コーナーも開設します。(本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため一般公開は未定)
修学旅行
  • 中学3年では九州方面へ、高校2年では関西方面へ、3泊4日の日程で修学旅行を行っています。綿密に事前学習を行い、社会や歴史を知るフィールドワークを総合学習の一環として位置づけています。また、大きな思い出作りのイベントともなっています。(本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため実施時期は未定)

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

日程
イベント
日時未定
帰国生対象模擬面接(要予約)
6/23(木)
帰国生対象学校説明会(要予約)
7/9(土)
第1回学校説明会(要予約)
9/22(木)
第2回学校説明会(要予約)
11/26(土)
第3回学校説明会(要予約)
12/17(土)
入試問題説明会(要予約)

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

応募者全員プレゼント 応募者全員プレゼント

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部