犯行動機の96%が「児童と直接接触したい」 交流サイト犯罪に打つ手は!?

犯行動機の96%が「児童と直接接触したい」 交流サイト犯罪に打つ手は!?パソコン並みの機能を持つスマートフォン(スマホ)の普及により、インターネット(ネット)上の交流サイトを利用して子どもを狙う犯罪が増えている。子どもが犯罪に巻き込まれないよう、保護者はスマホの機能や、ネット上の防犯対策に関する基礎知識や心構えが必要だ。教育ジャーナリストの斎藤剛史氏が警戒を促す。

 

***

 

ネットを利用した子どもへの犯罪の舞台は、出会い系サイトが規制されたことで、一般の交流サイトに移っています。警察庁の2012(平成24)年上半期(1~6月)の調査によると、交流サイトによる被害児童(509人)は出会い系による被害児童(124人)の約4倍。子どもが出会い系にアクセスしないからといって、安心はできません。

 

同調査によると、交流サイトを利用して子どもを狙った被疑者の犯行動機は、「児童との性交」が73.8%、「児童のわいせつ画像の収集目的」が14.4%、「児童と遊ぶため」が7.8%です。96.0%が子どもと直接的に接触する意図で、交流サイトを利用していることがわかります。

 

子どもたちは、こうした犯罪に無防備です。被害児童の回答をみると、当該サイトを利用した理由は、「無料だから」が45.9%、「友達のすすめ」が26.9%で、気軽に利用しています。実は60%以上の被害児童が学校で情報教育を受けていたにもかかわらず、犯罪に遭っているのです。

 

一方、保護者からの注意についての質問には、「注意を受けていない」が63.0%、「注意を受けていても一般的なもの」が17.4%、「子どもが無視」10.9%という結果です。有害サイトなどへのアクセスを制限するフィルタリングサービスには93.8%が加入していませんでした。

 

子どもが情報化社会を安全かつ積極的に生きていくために、いかに適切なアドバイスができるか、保護者の対応が大きなカギといえるでしょう。

 

出典:多発する「交流サイト」犯罪、ほとんどの親が注意せず -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A