私立中学校受験OR公立中高一貫校受検どっちがいいの?

さまざまなタイプの中学校が増える中、
中学受験でも学校選びは重要。
中学受験には、「私立校」と「公立校」があります。
どのような違いがあるのでしょう。詳しく見ながら、
お子さまに合った進路を考えてみましょう。

私立中学校、公立中高一貫校、大きな違いはこの2つ

入試方法

私立中学校は4教科を中心とした教科試験ですが、一般的に公立中高一貫校では知識を総合して答える「適性検査」や「作文」が出題されます。

授業料

公立中高一貫校は他の公立中学と同様、中学3年間は無償ですが、私立中学校の年間授業料は全国平均で約44万円かかります。

※出典:「子どもの学習費調査報告書」文部科学省(平成24年)

中学受験を経験した先輩保護者たちに聞きました!どんな理由で決めましたか?

合格

高校受験を意識しない学びを

高校受験を意識せず、6年間で受験勉強以外のことをたくさん学んでほしかったから。

女子校を希望していたので

先輩ママから女子校の魅力を聞き、ぜひ娘も通わせたいと思いました。娘にも合っているようです。

教育方針に信頼を感じた

他にはない独自の教育方針を持っていて、我が家の考え方ともマッチしていたので、安心できると考えました。

塾に頼らない中高一貫校

私立は塾などお金が必要だけど、公立なら家で受検勉強もできるし学校にかかる費用も安いので。

子どもが行きたいと言い出した

サッカークラブの友人に誘われました。本人もその気になり、本人が受検を決めました。

子供の性格に合った学校だった

マイペースな性格な息子にとって、6年間のゆったりした学校生活がぴったりでした。

↓私立中学の特徴についてのイメージイラスト

私立中学校の特徴は?

学校ごとに自由な校風と教育方針をもっています。先生の異動がなく、学び環境は安定しています。また、男子校、女子校があることも特徴です。

↓私立中学の特徴についてのイメージイラスト

公立中高一貫校の特徴は?

一般の公立中学、高校と同じ学費で、6年間一貫した教育プログラムを受けられます。また、子供の個性を重視する理念をもつ学校が多いのも特徴です。

机に向かって勉強する子どもイメージイラスト

今からでも間に合う?決めたのは、いつ?だれ?

先輩たちは、どのようにして
「私立中学校受験」「公立中高一貫校受検」を
決めたのでしょう。データで見てみましょう。

決めた時期

私立中学校

私立中学校受験を決めた時期の円グラフ。4年生までに決めた人が過半数

過半数のご家庭が、4年生までに受験を決めています。6年生になって受験を考えたご家庭は10分の1以下。

公立中高一貫校

公立中高一貫校受験を決めた時期の円グラフ。5,6年生で決めている人が過半数

過半数のご家庭が、5、6年生で決定。ほとんどのご家庭が高学年で決め、低学年で考えたという家庭はごくわずか。

決めたひと

子ども自身約35%、親約59%

保護者が決める割合が多めです。私立校受験の場合、親の教育方針が影響することが多いようです。

子ども自身約53%、親約38%

半数以上が、子供が決めています。高学年で受検を決める場合が多いため、友人の影響もあるようです。

受験のための教育費

月平均60,457円

受験勉強時間が多くなりがちなため、費用も高めです。また、低学年から長期的に費用がかかることも。

月平均24,763円

私立受験よりも教育費は低めに抑えられるようです。受検決定時期が遅いので、トータルの教育費も少なめ。

「私立中学校」OR「公立中高一貫校」どちらであっても、中学受験の準備は必要。

どんな進路を選ぶかは、ご家庭の教育方針と共にお子さまがどんな進路になっても大丈夫な力を身につけておくことが大切です。将来、お子さまがどのような進路でも選べるよう、今から中学受験の土台を固めておきたいですね。

中学受験にはどんな力が必要?まず、入試問題の特徴を見てみましょう!

私立中学校受験

公立中高一貫校受検

私立中学校の入試問題では、小学校の学習範囲を超えて出題されることが多いのが特徴です。また、単にどれだけの知識の量を持っているのかを見るのではなく、その知識を応用させて正答を導く「考える力」が問われることが増えてきています。

算数の入試問題の例

公立中高一貫校の適性検査は、出題範囲が小学校の学習範囲に限られています。しかし、適性検査の場合でも、与えられた文章を読み取り、知識を活用して論理的に「考える力」が必要です。また考えた内容を表現することも問われます。

中学受験に必要なのは、考える力!

例えばこんな問題が「考える力」をつける!私立中学校受験 公立中高一貫校受検 「対策」のポイント

私立中学校受験と公立中高一貫校受検とでは、必要な「対策」が違います。
それぞれの対策ポイントを見てみましょう。

私立中学校受験では

小学校の学習範囲をこえた幅広い知識と知識を応用する考える力が必要

例えばこんな練習問題

練習問題

誌面見本:「考える力・プラス 中学受験講座」4年生
中学入試 授業テキスト(算数)

例えば算数では植木算、和差算などの中学受験に必要な知識・考え方をマスターする必要があります。そのうえで出題内容からどの知識・考え方を使って解くのかを見抜き、正答を導きだす練習が必要です。

公立中高一貫校受験では

与えられた文章を読み取り、知識を活用して論理的に考える力と表現する力が必要

例えばこんな練習問題

練習問題

誌面見本:「公立中高一貫校受検講座」5年生
適性検査・作文対策テキスト(理科)

文章だけでなくグラフや表などの資料から情報を読み取り考える学習や、生活体験も踏まえて考えたことを文章で表現する学習も大切です。また、「作文」が必要な学校も多いので「作文」対策も必要です。

中学受験の考える力+続ける力が身につく!

「進研ゼミ小学講座」をぜひご覧ください。

教材はこちら

私立中学受験をサポート

最新入試分析から合格に必要な基礎力から実践力まで、ステップアップしながら無理なく受験力を身につけます。私立中学入試で問われる「考える力」にこだわった教材です。

考える力・プラス 中学受験講座(平成27年度 新4・5・6年生)

公立中高一貫校受検をサポート

4教科を総合して出題される、実際の適性検査に合わせた問題形式で学習します。全国の入試データから出題率の高いテーマを取り上げ、「適性検査」「作文」に必要な力をつけます。

公立中高一貫校受験講座5年生(平成27年度 新5年生) 公立中高一貫校受験講座6年生(平成27年度 新6年生)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※1.調査概要

  • ●調査名称:中学受験に関する調査
  • ●調査時期:2012年9月
  • ●調査対象:首都圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の小学3年生~6年生の子どもをもつ保護者5,256人(父親2,687人、母親2,569人)
  • ●調査方法:インターネット調査

【調査対象について】約110万人のモニター母集団のうち、首都圏の子どもをもつ既婚者(28歳~54歳)約14万人に対して予備調査を実施。
このうち、小学3年生~6年生の子どもをもつ父親・母親にアンケートの協力を依頼。
学年ごとに、保護者の性別、子どもの性別、母親の就業状況別の比率に応じたサンプルが集まった時点で調査を終了した。

※2.調査概要

  • ●調査名称:小学6年生とその保護者の中学校選択に関する意識と行動
  • ●調査時期:2007年12月
  • ●調査対象:全国の公立小学校に通う6年生とその保護者
  • ●調査方法:郵送法による自記式質問紙調査
    【調査対象について】小学6年生:1,501名(女子768名、男子718名、無回答・不明15名)配布数3,596通、回収率41.7%
    保護者:1,504名(母親1,402名、父親89名、その他9名、無回答・不明4名)配布数3,596通、回収率41.8%
    ※調査対象者は、全国の公立小学校6年生のリストに基づいて無作為に抽出。小学6年生用の調査票と保護者用の調査票をあわせて郵送し、回収した。

※2-2.「中学受験を最初に思った(言いだした)人(第一志望校別)」より。

  • 受験予定をたずねた質問で「はい」「まだ決めていない」と回答した保護者のみ対象。
  • ●サンプル数:私立中学校(123)、公立中高一貫校(55)

※2-3.「教育費(第一志望別)」より。

  • 教育費は千円単位の金額を回答してもらった。%値および平均金額は無回答・不明を母数から除いて算出している。第一志望校別は、「あなたのお子様に、中学受験をさせる予定ですか」の質問に対して、「はい」と回答した保護者を母数にし、さらに第一志望校の種類をたずねた質問項目への回答を用いている。
  • ●サンプル数/私立中学校(119)、公立中高一貫校(47)
2011年度市川中学校入試問題

2011年度市川中学校入試問題より

「考える力・プラス 中学受験講座」4年生4月号

誌面見本:「考える力・プラス 中学受験講座」4年生 中学入試 授業テキスト(算数)

「考える力・プラス 中学受験講座」4年生4月号

誌面見本:「公立中高一貫校受検講座」5年生 適性検査・作文対策テキスト(理科)