ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学社会

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学社会 定期テスト対策【古代(~平安時代)】 公地公民と版籍奉還

【古代(〜平安時代)】 公地公民と版籍奉還

公地公民,版籍奉還とは何ですか?

進研ゼミからの回答

公地公民は「土地と人民を国家が直接支配すること」,版籍奉還は「藩主が治めていた土地と人民を天皇に返させること」です。

■公地公民
飛鳥時代~奈良時代の方針です。土地と人民はすべておおやけ(国家)の所有とし,私有を認めない制度のことです。公地公民の考え方は645年の大化の改新の後,示されました。東アジアの大国,唐に負けないような国づくりを行うために示され,古代の律令制のもとで中央集権化の基本となりました。743年の墾田永年私財法で私有地を認めたことで,徐々に崩れ始めました。

■版籍奉還
明治時代初頭の1869年,藩主が治めていた土地(「版」図=はんと)と人民(戸「籍」)を天皇に返上した制度のことです。
江戸時代は,各地の藩主が土地と人民を支配していました。それでは国家としてまとまらないと考えた明治政府は,土地と人民を天皇に返させたのです。
奉還とは,還(かえ)し奉(たてまつ)るの意で,つまり,天皇にお返しする,という意味があります。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部