ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学社会

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学社会 定期テスト対策【古代(~平安時代)】 平氏はなぜ源氏に滅ぼされたのか?

【古代(〜平安時代)】 平氏はなぜ源氏に滅ぼされたのか?

平氏はなぜ源氏に攻撃されてしまったのかわかりません。時代背景といっしょに教えてください。

進研ゼミからの回答

1159年,藤原通憲(みちのり)と藤原信頼(のぶより)の権力争いが原因で「平治の乱」が起こりました。
通憲には平氏(清盛など)が,信頼には源氏(義朝など)がついて,平氏と源氏の戦いになりました。
この戦いは平氏が勝利し,源氏のおもな武将は殺され,幼かった源頼朝は伊豆(いず)に流されました。
一方,平氏のリーダーの平清盛は,やがて武士として初めて太政大臣(だいじょうだいじん)になり,政治の実権を握りました。

ところが,平氏は自分勝手に政治を動かすようになったので,平氏に不満を持つ者が増え,平氏を倒そうとして兵を挙げる武士も現れるようになりました。

このような風潮の中で,成長した源頼朝は鎌倉を拠点にして力をつけ,平氏を倒すために挙兵したのです。
ここから源氏と平氏の戦いが始まりました。これが「源平の争乱」です。

壇ノ浦(だんのうら)の戦いで平氏が滅亡した後,源頼朝は鎌倉幕府を開きます。
以後,江戸幕府が倒れるまで,武士の政治が続くことになります。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部