ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
ベネッセ教育情報サイト 公式アプリ 学びの手帳 お子さまの年齢・地域にあわせた情報が届く! 100万ダウンロード突破! 利用無料! 会員登録不要! 今すぐアプリをダウンロード
アプリならお子さまの年齢に合わせた教育情報が届く ベネッセ まなびの手帳

定期テスト対策 中学社会

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学社会 定期テスト対策【世界の歴史】 新航路の発見とヨーロッパの国々の動きについて

【世界の歴史】 新航路の発見とヨーロッパの国々の動きについて

新航路が発見されたときのヨーロッパの国々の動きはどのようになっていたのですか。おもな探検家とスペイン,ポルトガルの関係がよくわかりません。

進研ゼミからの回答

新航路は,15世紀末に,ヨーロッパの国々が生活に欠かせない香辛料を安く手に入れる方法を求めて,産地であるアジアと直接交易するために開拓されました。
おもな探検家と,援助した国との関係は次のとおりです。

〈コロンブス,マゼランとスペイン〉
コロンブスはスペインの援助を受けて,インドを目指しました。1492年にカリブ海の島に上陸しますが,これをインドと勘違いしてしまいます。その結果,スペインはおもにアメリカに進出し,先住民を武力で制圧し,植民地化しました。
その後,マゼラン船隊もスペインの援助を受けて航海に出て,1522年に世界一周に成功しました。

〈バスコ=ダ=ガマとポルトガル〉
バスコ=ダ=ガマは,ポルトガルの援助を受けて航海をして,1498年にアフリカ経由でインドに到達しました。
この結果,ポルトガルはおもにアジアに進出して,インドのゴアや中国のマカオを拠点に香辛料などの貿易を行い,大きな利益を上げました。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部