ベネッセ教育情報サイト公式アプリ アプリを入手
バナーを閉じる
最新の入試情報/セミナーをご案内 まなびの手帳アプリ

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

定期テスト対策 中学英語

調べたいテスト科⽬を選択する

調べたいテスト科⽬を選択する

⾼校・中学校をチェックして教科や科⽬を選んで、「この学習内容を表⽰する」を押してください。

この科目の学習内容を表示する

このウィンドウを閉じる

中学英語 定期テスト対策【一般動詞】 自動詞と他動詞の区別

【一般動詞】 自動詞と他動詞の区別

自動詞と他動詞の区別がわかりません。区別のしかたを教えてください。また,どんなときに使うのですか?

進研ゼミからの回答


自動詞は目的語を必要としない動詞,他動詞は目的語を必要とする動詞です。

■自動詞
[例]
・I go to school. (わたしは学校に行きます)
・I look at the girl. (わたしはその少女を見ます)
自動詞の場合は「わたしは行きます」「わたしは見ます」だけでも意味はわかります。それをさらに詳しく説明したい場合は,「to」「at」などの前置詞を置いて「go to school」「look at the girl」とします。

■他動詞
[例]
・I have a bicycle. (わたしは自転車を持っています)
・I play tennis. (わたしはテニスをします)
他動詞の場合は「わたしは持っています」「わたしはします」だけでは意味がわかりません。必ず「自転車を」「テニスを」などという目的語が必要です。「~を」や「~に」の意味をもともと動詞の中に含んでいるため,動詞のすぐ後に名詞を置きます。前置詞は必要ありません。

自動詞・他動詞の見分け方としては,その動詞が単独で使われていたり動詞の後に前置詞を置いてその動詞を説明したりしていれば「自動詞」,動詞のすぐ後に目的語(名詞・代名詞など)があれば「他動詞」と考えられるでしょう。

  • ここで紹介している内容は2017年3月時点の情報です。ご紹介している内容・名称等は変わることがあります。

※​このQ&Aでは、​ 「進研ゼミ中学講座」​会員から寄せられた質問とその回答の一部を公開しています。​
​​Q&Aをすべて見る(「進研ゼミ中学講座」会員限定)

キミが最近調べた学習内容

あとで読む・つづきを読む

キミが読んでいたページ

このページをあとで読む

Closed

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部