楽しく、正しく、学べる!入試につながる「書く力」を養う漢字アプリって?【PR】

 今小学生のお子さまをお持ちの保護者のかたは、高校受験なんてまだまだ先と思っているかもしれません。しかし、公立高校の入試で問われる漢字は、すべて小学校で習う漢字なんです*1。ということは、小学校で習う漢字をしっかり習得しておけば、のちのちの受験にとても有利だということ。小学生のうちから正しく学んでもらうにはどうすればよいのでしょうか…? これから先の入試につながる「書く力」を養う学習方法を教えます!

大事なのはトメ、ハネ、書き順をきちんと覚えること

 お子さまは、現在漢字をどのように練習していますか?
多くのご家庭では、ノートに何回も書いて覚える…というスタイルなのではないでしょうか。書くことで頭に入る、手で覚えるということはもちろんありますが、書いているうちに、雑になってくることも。
雑になると、トメやハネもおろそかになってしまいます。文字を書くとき大事なのは、トメやハネ、そして書き順。これがきちんとマスターできていれば、自然に文字もきれいに、読みやすくなり、なにより、漢字も覚えやすくなるのです。
意外と気にしないかたも多いと思いますが、実は書き順が正しい字にはメリットもいろいろあるんですよ。

・書き順通りに書くとバランスよくきれいな字が書ける。
・書き順が正しいと書くスピードも速くなる。
・きれいに書けるので、読み間違われることがない。
・正しい順番で書けば誤字を書くことがない。

トメ、ハネ、書き順がちゃんとできている字は間違いなく入試でも有利になります。子どもの将来のためにも、より正しく、そしてきれいな字が書けるように子どもを導いてあげたいものですね。

ノートに書くより正しく、しかも効率的!?

 「でも、どうすれば正しくきれいな字が書けるようになるの?」と思っている保護者のかたも多いはず。
漢字を学習するために最適なアプリがあるんです。それが「漢字サプリ」。「進研ゼミ」の会員専用デジサプリで、小学校6年間で習う漢字を、学年をこえて学習することができるアプリなんです。*2

「タブレットで漢字練習!?」と驚くかたも少なくないのではないでしょうか。 しかし、タブレットは漢字練習に非常に有効なのです!

「漢字サプリ」が漢字の練習にいい4つの理由

1.手書き文字を自動添削が正確にチェック

トメ、ハネ、書き順まで判定してくれるので、お子さま一人でも正しい漢字を学習できます。

2.小学校で習う漢字、1006字すべてを収録

今習っている漢字はもちろん、これから習う漢字や過去に習った漢字など、振り返りや先取り学習ができます。

3.くり返し学習できるから忘れない

人は復習をしないと翌日には70%忘れてしまうのだとか。漢字サプリは学習した漢字を段階的に出題する仕組みだから記憶に定着しやすいのです。

4.間違いをそのままにしない

ハネていない箇所など、添削された自分の字を見ながら、書き直し練習ができるので、間違い部分を確認できます。

正確に覚えられるのはデジタルだからこそ

 デジタルだからこそのメリットもいろいろ。ノートにいくら書いても、間違って覚えていたら時間の無駄になってしまいますよね。一つひとつ正確に覚えていけるのが漢字サプリのいいところでもあるのです。
また、小学校6年間の漢字を網羅しているので、お子さまの学習レベルに合わせて進められるから先取り学習も可能。もっと知りたい、もっと覚えたいという子どもの好奇心を刺激してくれるはず。

実際に、使用している人からも好評の声が! 満足度をたずねたところ、84%*3が「満足」と答えています。また、「基礎的な力がアップした」と回答した人も72.6%*4。
実際に試して、その確かな学習効果を実感してみてください! 

「漢字サプリ」についてもっと詳しく知りたいかたはこちら!

*1 公立高校の入試の場合です。一部の都道府県では異なる場合があります。
*2 進研ゼミ会員のかたはすぐにダウンロードが可能。会員でないかたも、一部無料で体験できます。
*3 2015年実施<デジサプリ>活用者によるアンケートの結果。満足度の数値は、各サプリの満足度の数値(「とても満足」+「まあ満足」)の平均値より算出。
*4 2015年実施<デジサプリ>と学習についてアンケートより「とてもそう思う」「まあそう思う」と答えた方の割合。

「漢字サプリ」のご紹介

書いたその場で、字形・書き順を添削するから「正しく書く力」を伸ばせます。 また習っていない漢字、ニガテな漢字も くり返し学習で、習得できます。

詳しくはこちらから

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A