高校時代にかかるお金にも注目してみよう

教育資金の準備を考える際、「大学時代の入学時費用を貯めることから始めましょう」とアドバイスする機会が多くなっています。教育費の負担は、大学時代が一番重くなることと、入学時の費用には奨学金が充てられないことが(初回の振り込みは入学後)、その理由です。
「大学時代の教育費の負担は重い」という現実は、多くの保護者に共通する認識といえるようで、こども保険に加入したり、児童手当に手を付けずに貯めたりするなど、大学入学に向けての準備を進めているご家庭は多いはずです。
ところが、進学率は100%近いはずの高校時代にかかる教育費については、相談業務で準備方法についての質問を受ける機会もほとんどなく、メディアでも語られる機会も少ないように感じています。そこで今回は、高校時代にかかるお金に注目してみたいと思います。



私立高校の授業料負担は、年収によっても変動する

まず、公立高校と私立高校の学校納入費用の負担を考えます。現在、公立高校では、年間11万8,800円の授業料が無償化されています。ただし、修学旅行費や教材費、部活の費用などが、年間で20~30万円程度かかります。
いっぽうの私立高校でも、就学支援金という制度が設けられていて、公立高校の授業料と同額分は、年収に関わらず減額されています。この就学支援金には、上乗せ分もあります。この上乗せ内容は、下記のようになっており、年収250万円未満のご家庭では、年額で23万7,600円の就学支援金が受け取れる計算になります。


就学支援金の金額はいくら?
【誰でももらえる金額】
 ⇒ 年額11万8,800円(ひと月9,900円)

【上乗せ部分の金額】
 ⇒ 年収250万円から350万円未満のご家庭は……
    年額5万9,400円(ひと月4,950円)加算
 ⇒ 年収250万円未満のご家庭は……
    年額11万8,800円(ひと月9,900円)加算

この就学支援金のほかにも都道府県ごとに、私立高校に通うご家庭向けの助成(補助)制度が設けられています。助成の内容は居住地によって異なりますが、年収によっては20万円近い助成を受けられるケースもあります。就学支援金と合わせると、40万円を超える助成が受けられ、授業料のほとんどを就学支援金と助成金で賄えるご家庭もあるのです。
ただし年間10~30万円程度の施設費の負担があったり、寄付金を求められたり、修学旅行先が海外になっていたり、さらには教材費や部活費などを含めると、トータルでは私立高校のほうが高くなるのが一般的でしょう。とはいえ、「私立高校はどんなケースでもかなり高い」と決めつけて、調べないまま進学先から外すのも得策とは言えません。自分の家ではいくらくらいの助成が受けられるのかをきちんと調べて、実質的な負担額を知り、教育方針や大学への進学方法も考慮したうえで、公立高校と私立高校のどちらを選択すべきかを考えるのが適切だと思います。



推薦入試で大学進学すれば、「塾代なし」も可能

進学先に、大学の指定校推薦の枠をたくさん持っている私立高校を選ぶと、塾に行かずに大学進学することも可能です。もちろん公立高校にも推薦枠はありますが、指定校数や利用者が多いという点では、私立高校のほうが推薦入試を利用しやすいでしょう。はじめから推薦入試に絞って、学校内の成績をキープする戦略に出れば、「塾代の負担のない私立高校生」になるのも可能。「塾代の負担がある公立高校生」よりも、トータルの負担を抑えられる可能性もあります。

ちなみに我が家の長男は、現在私立高校に通っていますが、塾の講師が週に3日ほど学校に来て、補習授業をおこなってくれています。補習授業にかかる費用は年間で2~3万円程度。塾に通うよりもずっと安い価格で、塾と同レベルの授業が受けられています。補習の内容まで調べる人は多くありませんが、進学したい高校が絞れているご家庭は、補習授業の有無や費用についても、見学会のときなどに質問するとよいでしょう。

また私立高校では「特待生」といって、授業料が免除、あるいは減額される制度を取り入れる学校が多くなっています。本来の実力より少し偏差値の低い高校を選択するケースが多いものの、学費負担を抑えるために特待生を狙うご家庭が増えているのも、最近の家計事情を反映しているといえるでしょう。



携帯電話代や外食費などの生活コストも増える

ここからは、高校生の生活費について考えていきます。
高校生になると、携帯電話を「持っていないお子さん」を探すほうが難しいのが現実といえます。以前は、携帯電話の所持を禁止していた学校でも、学校にいる間は使わないと宣誓することで、所持を認めるケースが増えています。お子さんから帰宅時間の連絡が入ったほうが夕食の都合がわかるなど、親としてもお子さんに携帯電話を持ってもらったほうが都合の良い面もあるのではないでしょうか。
携帯電話の通信料は、利用先によっても異なりますが、2,000円から5,000円くらいかかるのが一般的。さらにお子さんのおこづかいも、5,000円から1万円くらいは渡しているご家庭が多いはずです。学校までの通学定期代も、ひと月数千円はかかるでしょう。

また部活に入っている場合は、用具代(楽器代)や合宿代、試合のための遠征費などもかかります。中学校時代と同じ部活を選んだのに、かかる部活費は高校のほうが多くなるのが一般的。学校帰りに、友達同士でファミレスやファストフードを利用したり、コンビニで食べ物を購入したりするなど、生活費に含まれるお金も増えていきます。

このように高校時代は生活コストがアップして中学校時代より貯蓄しづらくなるのが現実です。さらにやりくりの厳しいなかで、その先に控えている大学時代の教育費を貯めなければいけない時期ともいえます。

実際には、目先の教育費のやりくりに必死で、先々の教育費のことまで気が回らないご家庭が多くなっていますが、高校時代に年間収支が赤字になるのは避けたいものです。そのためには、早めに進学したい高校をお子さんと話し合い、候補先が絞られてきたら、各学校に収める費用ともらえる助成金について、できるだけ詳細に調べておきましょう。


プロフィール

畠中雅子

畠中雅子

大学時代よりフリーライター活動をはじめ、マネーライターを経て、1992年にファイナンシャルプランナーになる。新聞・雑誌などに多数の連載を持つほか、セミナー講師、講演、相談業務などを行う。著書は、「ラクに楽しくお金を貯めている私の『貯金簿』」(ぱる出版)ほか、70冊を超える。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A