子どもの身支度を急がせるための工夫「模擬時計」「タイム計測」

何かと時間に追われることの多いこの社会。それは、大人だけでなく、小さな子どもにも当てはまることだ。とはいえ、子どもは大人のように、分刻みで動けるわけではなく、なかにはマイペースすぎるくらいの子どももいる。そんなマイペースな子どもを持ったお母さんの悩みに、教育評論家の親野智可等氏がアドバイスする。

 


子どもの身支度を急がせるための工夫「模擬時計」「タイム計測」

 

【質問】
超マイペースな子で毎朝困っています。特に身支度に時間がかかりすぎます。途中で手が止まるのはしょっちゅうです。幼稚園バスの時間に間に合わなくなりそうなときはイライラしてしまいます。着替えの途中で服を半分着たまま、いつの間にか絵本を読んでいたときはキレそうになりました。もっとてきぱきできるようにするにはどうしたらよいでしょうか?(年中の女子を持つ母親)

 

【親野氏のアドバイス】
時間に追われる現代生活で、親ばかりでなく子どもたちも朝からハードな生活を強いられていますね。こういう場合、私は工夫することと手伝うことが大切だと思います。工夫としては次のようなことが考えられます。

 

◎夜寝る時刻を早めて、朝起きる時刻を早めます。
それによって、親も子も朝の生活にもう少し余裕を持つことができます。

 

◎アナログ時計の横に紙に描いた模擬時計を貼って時間の見える化をします。
模擬時計の針は、朝食を食べ終わる時刻と着替え終わる時刻を指すように描きます。模擬時計に目ざすべき時刻が描かれているので、本物の時計の針が進んで残り時間が減っていくのが目に見えてわかります。これで子どももペースを調整するようになります。

 

◎身支度にかかる時刻をストップウオッチで計って記録します。
新記録が出たら花丸をつけます。あるいは、目標タイムを決めておいてクリアしたらシールを貼るのも良いでしょう。

 

◎レベル方式でチャレンジさせます。
ホワイトボードに下のようなレベルを書いておき、現状のところにキャラクターのマグネットなどを貼ります。

 

年少レベル:ママに着替えさせてもらう
年中レベル:3分で1人で着替える
年長レベル:2分で!
1年生レベル:1分で!
2年生レベル:30秒で!

 

ただ、ここで気をつけてほしいのがレベルの設定を難しくしすぎないことです。現状で3分かかるならそれを今の年齢にしてください。その子の現状に応じてやる気が出るようにすることが大切です。

 

子どもは「レベル」とか「クリア」などの言葉が好きなので、はりきります。クリアしたら大いにほめてあげてください。下がってしまった場合は、叱るのではなく一緒に悔しがってください。

 

なお、いろいろ工夫しても幼稚園バスの時間に間に合わなくなりそうなときは手伝ってあげてください。
「自分でやらなきゃダメでしょ」などと否定的に叱りながらでなく、楽しく手伝ってあげましょう。
実際こういう方法で乗り越えてきた親子は星の数ほどたくさんありますし、今現在もたくさんいます。

 

こういう現実的な方法でしのいでいるうちにだんだんできるようになるから大丈夫です。
子どもの成長とはそういうものです。

 

出典:マイペースで朝の身支度に時間がかかります[教えて!親野先生] -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A