習い事が多くて生活が不規則です[教えて!親野先生]

【質問】

 

長女は習い事を5つやっています。本人はどれも楽しくがんばっているのですが、中には夕食前だけでなく夕食後に出かけるものもあり、生活が不規則になっています。
その日のうちに宿題をやらせたいのですが、疲れてそのまま寝てしまうこともよくあります。そういうときは、次の日の朝大慌てでやることになります。どうしたら生活のリズムができるでしょうか? (大雪小雪 さん:小学3年生女子)


習い事が多くて生活が不規則です


親野先生からのアドバイス

大雪小雪さん、拝読いたしました。

現代の日本は子どもも本当に忙しいですね。小学3年生で習い事5つを抱えているのではかなりたいへんでしょう。絶えず追われていて、ホッとする時間も持てないのではないでしょうか?
「本人はどれも楽しくがんばっている」とのことですが、「本当にそうだろうか?」という疑問もわいてきます。それは、私がある女の子の実例を知っているからです。

その子は4年生まで完璧な子でした。勉強も運動もよくできリーダーシップもあり、先生や友達に信頼されていました。習い事や塾にもたくさん行っていて、そのすべてにおいて優秀で常にトップクラスでした。
でも、5年生になったある日、突然すべてを投げ出してしまい学校にも来なくなりました。家の自室に閉じこもって親とも顔を合わせなくなりました。そして、リストカットを始めてしまいました。

やっと心療内科の先生に見てもらったところ、次のようなことを言われたそうです。
彼女は長い間がんばり過ぎて疲れ切ってしまい、燃え尽き状態になっている。親を喜ばせたいという気持ちもあり、それに生真面目で我慢強い性格もあり、愚痴もこぼさずがんばり過ぎてしまった。その溜め込んだストレスが一気に出てしまった。

お母さんはそれを聞いてショックを受けました。今まで、その子は何かを嫌と言ったこともありませんし、愚痴一つこぼしたこともなかったのです。そして、何かを始めればすぐうまくなり良い成績を取ることができました。ですから、親は本人も喜んでいると思っていました。
だから、どんどんやらせたのです。親は決して押しつけているつもりはありませんでした。

このような例は、決して珍しいものではありません。子どもは、親が喜ぶ顔を見たいという気持ちを本能的に持っています。ですから、親の願いを敏感に察知して自分の願いにすり替えるのです。
そして、この女の子のように生真面目で自己管理能力も高い子は愚痴一つ言わずにがんばってしまうのです。そして、溜め込んだストレスが一気に出るということになります。これは中学受験でも言えることです。愚痴や文句を言ったり、適当に手を抜いたりする子のほうがある意味健全であると言えます。

このようなわけで、大雪小雪さんのお子さんも本当に楽しんでいるかわからないわけです。本人も気付かないうちにストレスを溜め込んでいる可能性もあります。
それに、習い事や塾通いが多すぎると他のいろいろな時間が取れなくなるという弊害もあります。
ホッとして素の自分に返る時間、ボウッとする時間、ぼんやり自分を見つめる時間、ダラダラする時間、何か自分だけの楽しみに没頭できる時間、こういう時間も大切です。
読書をしたり、自然の中で季節の変化を感じたりする時間も大切です。友達とおしゃべりする時間や家族とのんびりする時間も大切です。

このようなわけで、習い事を精選することも考えてみてください。始めたからといってすべてをずっと続ける必要はないのです。子どものために何が一番大切か、もう一度それを考えてください。習い事の≪断捨離≫です。
これは食べ物と同じです。
今朝、私はあるホテルで朝食バイキングを食べながらこのご相談のことを考えていました。それで思ったのです。
一つひとつの食べ物はどれもおいしくて栄養があります。でも、バイキングで並んでいる物を全部食べれば食べ過ぎになります。結局体を壊すことになります。
精選して食べることが体のためなのです。食べ物のために体があるのではなく、体のために食べ物があるのですから。

このようなことをぜひ検討したうえで、次に生活リズムのことで提案があります。
ご相談によれば、「疲れて宿題をやれずに寝てしまい、次の日の朝大慌てでやることがある」とのことです。

それだったら、いっそのこと宿題はいつも朝やると決めたほうがよいかもしれません。学校と習い事で疲れているのですから、せめて夜はのんびり過ごせるようにするのです。

そして、今までより少し早い時刻に、しかも毎日同じ時刻に寝ます。こうすれば、毎朝同じ時刻に、しかも今までより早い時刻に起きられます。そして、宿題をやるのです。疲れも取れているので、すっきり集中してできるはずです。
毎日寝る時刻が違ったり宿題をやる時間帯が違ったりすると、それだけでストレスになります。生活リズムを整えるためには、寝る時刻を揃えることが大切です。寝る時刻が揃えば起きる時刻も揃います。朝食の時刻も排便の時刻も揃います。

最後に一言。
子どものころから全力疾走では、やはり疲れてしまうと思いますよ。
人生は長いですからね。ぼちぼちやってください。
老子も言っています。
「つま先で立つ者は長く立っていられない。大股で歩く者は遠くまで行けない」

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
皆さんに幸多かれとお祈り申し上げます。

「共感力」で決まる!(単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062152797【お知らせ】
こちらの親野先生のコーナーから単行本第三弾が誕生!

大人気のこちらのコーナー、[教えて! 親野先生]が、本になりました。『「共感力」で決まる!』です。子育てが激変する親子関係の新ルールが相談例をもとにわかりやすく提案されています。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A