子どもに対し、イライラして怒鳴ってしまいます【後編】[教えて!親野先生]

いい親子関係をつくってきたのか?
愛情と信頼にあふれた人間関係をつくってきたのか?
それらのすべてがあらわになる時が、人生の中で必ずやってくるのです。
自分がまいた種を刈り取る時が必ずやってくるのです。

その時、そらさんには、私と同じつらく悲しい状況にならないでほしいと、心から願っています。
なぜかというと……。
私の経験は教師と子どもの関係です。
せいぜい1年か2年の関係です。
でも、これが親と子どもだったらどうでしょう?
まさに、一生に渡る関係なのです。
そして、一度壊れた信頼関係を取り戻すのは、本当に本当に難しいのです。

ところで、私は、先ほど「なぜ、変えられないかというと、それは本当に心からわかっていないからなのです。その行為のもたらす結果がどのようなものか、それがはっきりわかっていないからできないのです」と書きました。
私の場合は、子どもたちから完全なノーを突きつけられて初めてわかりました。
つまり、結果が表れてからわかったのです。
でも、そらさんのような親子関係の場合、結果が表れてからわかるのでは、あまりにも遅すぎです。

それを、防ぐための方法が一つだけあります。
つまり、結果が表れる前にわかる方法が一つだけあるのです。
それは、想像することです。
想像力は、あらゆる生き物の中で唯一人間だけに備わった能力です。
物事の結果を想像して行動することこそ、人間の人間たるゆえんです。
それが賢さというものなのです。

この想像力を使って、今やっていることの結果をはっきり想像してください。
私は、本当にそれをはっきり思い浮かべてほしいと思います。
今やっていることの結果は必ず自分に返ってきます。
それをはっきり想像してください。
結果に直面しなければ100%はわからなくても、想像力で95%はわかるということがあると思います。
今のそらさんのわかり方が50%だとしたら、それを想像力で限りなく100%に近付けてください。

もちろん、この他にもやってほしいことはいろいろあります。
自分のストレスを解消する、ママ達とおしゃべりする、カウンセラーに聞いてもらう、子どもと離れる時間を持つ、自分自身の楽しみや生きがいを持つ、一人だけで子育てを背負い込まない、子育ての助っ人を確保する、毎日子どもの寝顔を見て子育ての初心に返る、もっと小さい頃の写真を見て初心に返る、自分の気分に気付くようにする、怒りそうになったら子どもから離れる、深呼吸する、呼吸を意識して吸う息と吐く息を3倍の長さにする、などなどです。

これらもぜひやってください。
でも、それらのすべての土台として、自分を変えるという一大決心をしてください。
もうイライラして叱りつけたり怒鳴りつけたりしない、という一大決心をしてください。

そのために必要なのが、結果をはっきり想像するということです。
本当の結果に直面してわかる前に、想像力でわかってください。
本当の結果に直面して嘆く前に、自分を変えてください。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
そらさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。


親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本 (単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062137267『親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本(講談社)
Benesse教育情報サイトの人気コンテンツ「教えて!親野先生」が一冊の本になりました。子育ての悩みは多様に見えて、実は意外と似ているものです。『親力革命』のなかに、今のあなたの、または将来の悩みを解決するヒントが隠されているかもしれません。


プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A