「勉強は何のため?」と子どもに聞かれたら

「勉強の役立ち度」が低い日本の子どもたち

中学1年生になる息子から「勉強は何のためにするのかわからない」と言われました。
「将来、役に立つからだよ」という回答だけでは納得しません。ではどう言えばよいのか、なかなかよい答え方が思いつきませんでした。皆さまなら、どう答えますか?

Benesse教育研究開発センターでは、2006年に国際6都市(東京・ソウル・北京・ヘルシンキ・ロンドン・ワシントンDC)で小学生の学習に関する意識・実態調査(学習基本調査・国際6都市調査)を実施しました。その結果によると、東京の小学生は、勉強が「役に立つ」と回答した割合が他の5都市と比べてもっとも低いことがわかりました。「いい大学を卒業すると将来、幸せになれる」といった意識も相対的に低い数値でした。

お金持ちになるために会社や役所に入ってえらくなる(出世する)ために
社会で役に立つ人になるためにいい大学を卒業すると将来、幸せになれる

この結果を見ると、日本の子どもたちは、いま学校で勉強している内容が自分の「将来」に役立っていないと思っているようです。学校の勉強が価値あることだという実感をもてなければ、勉強に向かう意欲がわいてくるはずがありません。

「何のために勉強するの?」に答えるのはとても難しいですが、保護者としてできることはあると思います。ここでは、二つの提案をしたいと思います。

プロフィール

Benesse教育研究開発センター 小泉和義

「進研ゼミ小学講座」は1980年に開講して以来、「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす自宅学習教材として親しまれてきました。現在、小学生の約5人にひとりが会員という、最も利用されている自宅学習教材です。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A