自閉症とADHD両方の状態が見られると言われました【前編】[教えて!親野先生]

今週の相談

 

小学2年生の息子が授業中、席についていられないので、おかしいと思い検査をしたところ、自閉症の状態とADHD(注意欠陥多動性障害)の状態が両方見られると言われました。ですが、治療法があるわけではないし、とにかく親子げんかになった時などの対処法だけを月に1度の診察で言われるばかりです。学校での加配や特別支援学級へのクラス替えなどは一切ありません。というよりも、そこまでの支援が必要だとは思えないぐらいの程度なのです。ですが、宿題をしなくて毎日が嵐です。好きなことなら何でもできる息子が、こと宿題となると無気力になってしまいます。また、たとえば今は眠たいから宿題をできない……と言われ、じゃあ朝起きてからね、と約束しても毎回「そんなこと言ってない」と逆切れして約束を破るので、そんな態度を取る息子が許せません。最近では、この子さえいなければ……とふと思っていたり、優しくしないといけないのに、そこらじゅうのものをひっくり返して鬼のようになって、暴言で叱責する自分がいます。もう、心が壊れそうです。どうしたらいいでしょうか? アドバイスをお願いします。(ぼのぼのさん)

 

【親野先生のアドバイス】

ぼのぼのさん、拝読いたしました。
かなり大変な状況のようで、読みながら心配になってきました。
ぼのぼのさんの苦しい状況が、ひしひしと伝わってきます。

何はともあれ、まずは、今の状況を何とかする必要があります。
文面から察するところ、お子さんが宿題をやらないことが、ぼのぼのさんにとって非常に大きなストレスになっているようです。
もちろん、ここに書き切れないことが他にもいろいろあるのかもしれませんが、宿題のことでかなり苦しめられているのは確かなようです。

でも、これはADHD(注意欠陥多動性障害)の子の特質の一つなのです。
ADHDの子の特質の一つとして、宿題や課題をやりたがらないということは実際あるようです。
それを、まず理解しておく必要があると思います。

宿題をやらない我が子を見ていて、親のほうがなかなか割り切れないのはわかります。
イライラするのもわかりますし、何とかやらせたいという気持ちもわかります。
でも、一番苦しんでいるのは当の本人なのです。
親も苦しいのですが、子どもはもっと苦しいのです。

傍(はた)から見ると子どもは、苦しんでいるように見えないかもしれません。
好きなことだけやって、やりたくないことはさぼっているので、安穏としているように見えるかもしれません。
でも、そうではありません。
本人はとても苦しんでいるのです。

宿題をやらないと言って毎日叱られて、それでも自分で自分をどうしようもないのです。

もし、自分に置き換えて考えてみても、こんなに苦しいことがあるでしょうか?
「自分で自分をどうしようもない」という状態ほど苦しいことはないのです。
「そんなに苦しいのなら、さっさと宿題をやればいいのに」と思うかもしれませんが、それができないのです。
それが、自分で自分をどうしようもないということなのです。

ですから、本人自身が一番苦しんでいるということを、わかってやってください。

私は、何はともあれ、まずは、今の状況を何とかする必要があると思います。
その一つとして、先生に今の状況を理解してもらって宿題をなしにしてもらえるようお願いするという選択肢があっていいと思います。
宿題のために、これほど親も子も苦しんでいるのですから。

そもそも、宿題というものは、そうまでしてやらなければならないほどのものではないと思います。
親子でこれほど苦しんでまでも絶対にしなければならないほどのものではないと思います。
宿題を出さない先生もいますし、宿題がまったくない国もあるのです。

もともと宿題は子どもを伸ばすためにあるのです。
子どものために宿題があるのであり、宿題のために子どもがあるのではありません。
でも、今の状況では、宿題が子どものためになっているとはとても思えません。
ただ親子を苦しめるだけのものになっているのです。

ですから、先生に事情を理解してもらって宿題を出さないようにお願いしてください。
私が担任なら、事情がわかれば、絶対、宿題なしにします。
まずは、今の状況を何とかするためには、ぜひ、そうしたほうがいいと思います。
とにかく、今は親も子も少しでも楽になることが必要です。

それに、このような状況で宿題をやっていても身に付くとはとても思えません。
それどころか、宿題一つのために失うもののほうがはるかに大きいと思います。

何も一律に同じ宿題を全員がやらなければならない、というわけではないと思うのです。
その子に応じた指導が必要なのです。
ADHDの子には、その特質に応じた指導が必要です。

もちろん、もっと状況が安定してきたら、宿題をやらせることについて改めて考えることもできるかもしれません。
でも、今の状況では、宿題をなしにしてもらうほうがいいと思います。

「治療法があるわけではないし、とにかく親子げんかになった時などの対処法だけを月に1度の診察で言われるばかりです」とのことですが、これにはちょっと疑問を感じます。
私はこの面での専門家ではありませんので詳しいことは言えませんが、治療法がないということはないと思います。

この分野についての日本の研究も、進んできていると聞いています。
賛否は分かれますが、薬を使う治療法もあります。
また、ADHDの子の特質に応じた親や教師の対応の仕方についても、以前よりかなり確立されてきていると思います。

それと、今どのようなところで診てもらっているのかわかりませんが、セカンドオピニオンやサードオピニオンとして、他のところで診てもらうことも必要だと思います。
風邪や骨折などのように誰が診てもほとんど同じ診断がされるものとは違って、このような分野は診る人によって違いが出てくることはあるようです。
経験の多い少ないや研究の深い浅いによって、診断が違ってくることは大いにあり得ることです。

大切なのは、お子さんの状態を正確に診断してもらうことであり、それに応じた適切な治療や対応をしていくことです。
それが絶対に必要です。
そうすれば、その子をどんどん伸ばしてやることができるのです。
そのためにも、ぜひ、他の専門家にも診てもらったほうがいいと思うのです。

専門家に診てもらったら、その時、学校や家庭での適切な対応についても教えてもらうといいと思います。
それと、本やネットからも適切な対応についての情報を得るといいと思います。
親が専門家の書いたものを読むことは絶対必要です。
専門家が一般向けにわかりやすく書いた本がたくさんありますので、ぜひ読んでください。
それと、同じ悩みを抱えている人たちの書いたものも、ぜひ読んでください。
そこには、ごく普通の家庭におけるいろいろな取り組みの例がたくさん出ています。

ネットから情報を取る時は、「ADHD」「自閉」「対応」などのキーワードをいくつか組み合わせて検索するといいでしょう。

ADHDを持つ人や共に悩む家族・教師を応援するNPO法人「えじそんくらぶ」のホームページには「日常生活で気を付ける」こととして、次のようなことが挙げられています。

・きつく叱責し続けて、セルフエスティーム(※)を下げないようにする。
・悪いことをした時はすぐ・その場で・穏やかな声で・短く・諭すように注意する。
・ルールを作り、ルールを守らせるためにチェックシートなどを利用する。
・同時にたくさんの指示を出さない。

(※)セルフエスティーム……自分が価値ある人間であると思うこと、自分を大切に思うこと。自己評価。
*NPO法人「えじそんくらぶ」のホームページではADHDの理解のための冊子(コピーフリー) が無料でダウンロードできます。

そして、適切な対応を続けていけば、だんだん良いほうに向かっていきます。
今は、親も子も大変だと思いますが、このままずっとそうだということではないのです。

実際、自閉症やADHDと診断されている人でも、適切な治療や対応によってその個性や能力を十分発揮している例はいくらでもあるのです。
たとえば、エジソンもそうだと言われています。

もともと、彼らは非常に創造性が豊かですし、好きなことに向かってものすごい集中力が発揮できるという長所があるのです。
ですから、適切に導いていけば、必ず良いほうに進んでいくのです。

……この続きは次回で紹介します。



親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本 (単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062137267親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本(講談社)
Benesse教育情報サイトの人気コンテンツ「教えて!親野先生」が一冊の本になりました。子育ての悩みは多様に見えて、実は意外と似ているものです。『親力革命』のなかに、今のあなたの、または将来の悩みを解決するヒントが隠されているかもしれません。


Amazon.co.jpで『親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本を見る


プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A