息子のペースを尊重すべきでしょうか【後編】[教えて!親野先生]

今週の相談

 

4歳4カ月の息子のマイペースさに対する質問です。何をするにも自分のペースで、ご飯を食べるのに1時間くらい掛かります。食べないで話しているので、「もうごちそうさま?」と聞くと「食べる!!」と言ってご飯を数粒食べますが、その後はまたお話し。子ども達で遊んでいる時も、列に入るのはいつも一番後ろです。息子のペースを尊重すべきなのか、皆のペースに合わせるように促したほうが良いのかわかりません。どうしたらよいのでしょうか?(n300zx5523さん)

 

【親野先生のアドバイス】

前回に引き続き、n300zx5523さんへのアドバイスです。

もう一つの問題は、担任の先生が多くの親のように「今のうちに直してやらなければ」と考えている場合です。
その場合、マイペースの子は叱られることが多くなります。
それは、子どもにとってつらいことです。
そういう担任の先生からは、親が子どもを守ってやる必要があります。

そのためには、担任の先生に次のようなことを話しておくといいでしょう。
まず、家でも親子で努力していて、前よりはよくなってきたという話をするのです。
要するに、実際に何かで遅くなったとき、「家でもがんばっているのだから、仕方がないか・・・」と思ってもらえるようにするのです。

次に、我が子に良いイメージをもってもらうために、別の良い面を伝えることも大事です。
その子に良いイメージをもってもらうことは、とても大事です。
「○○君はマイペース」という一点だけで見られるようになっては、たまりませんから。

「とても弟思いの優しい子」「おじいちゃんおばあちゃんにもとても優しい子」「お風呂洗いをやり続けているがんばりっ子」等の良いイメージをもってもらえるようにしましょう。

そして、「幼稚園のとき、すごく厳しい先生に毎日早く早くと叱られて、ストレスがたまって神経性胃炎になってしまいました」等の話をしておくのもいいでしょう。
要するに、担任の先生に、「○○君をあまり急かしたり叱ったりしないほうがいいようだ」と思ってもらえばいいのです。

もしかしたら、先生から時々「学校でマイペースで困ります」と連絡が入るかもしれません。
そう言われても、家で同じようなことを子どもに言わないことが大事です。
先生の話には、「どうもすみません。家でも注意します」などと言って、聞き流しておけばいいのです。
どうせ、注意しても意味はないのですから。

家では、先ほどのようにプラス思考の言い方で促すことを、たんたんと繰り返していればいいのです。
手が止まっていたり、遅かったりしたら、その都度促してやればいいのです。
何十回でも何百回でもいいのです。
それが親の愛情です。

そこでイライラしないで、「この子らしいな」「将来の大物かも」「大器晩成だな」などと思いながら、促してやればいいのです。
小さいころぼーっとしている子が、大きくなって立派になるのです。
そういう例はたくさんあります。

それと、必要に応じて、タイマー、ストップウオッチ、砂時計などを使うのもいいでしょう。
あとは、いつも私が言っている叱らないシステムで合理的な工夫をすることも大事です。

さらに、これまたいつも言っていることですが、その子の良い面を伸ばすことも大事です。

どうせ直るはずのないマイペースを直そうと苦しむより、そこには目をつむって良い面を伸ばすことです。
親子共々、エネルギーをそちらに振り向けたほうがよほど良い結果が得られます。
そうやって、自分に自信がついていけば、いろいろなことがうまくいきます。
マイペースなど気にならなくなります。

このようにして、毎日明るく楽しく生活してください。
子どもが心安らかに毎日を送れることが大事です。
子どもにとって安らぎほど大事なものはないのです。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
n300zx5523さん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。


親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本 (単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062137267親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本(講談社)
Benesse教育情報サイトの人気コンテンツ「教えて!親野先生」が一冊の本になりました。子育ての悩みは多様に見えて、実は意外と似ているものです。『親力革命』のなかに、今のあなたの、または将来の悩みを解決するヒントが隠されているかもしれません。


Amazon.co.jpで『親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本を見る


プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A