親子で取り組む初めてのケータイ生活[リサーチ編]

インタビュー編は、親子でのケータイ生活を初めて体験されたお母さまのインタビューをご紹介しました。今回は、親子で始めるケータイ生活の第一歩として「子どもにいつケータイを持たせたらいいの?」という問いに、「教育発見隊」アンケートの結果から、すでにケータイ生活を始められている保護者の方のご意見を参考にしながら考えていきたいと思います。

子どものケータイの保有率は今後ますます増加


今回のアンケートにご協力いただいた890名のうち、お子さまにケータイを持たせているとお答えの方は145名(16%)でした【図1・左】。保有率を学齢別に見た場合は、高校生が約90%、中学生が32%、小学生の場合は小学6年生の14.6%から学年が下がるごとに保有率が下がっていく傾向が見られます【図1・右】。この数字は、ベネッセ教育研究開発センターが行った「第1回子ども生活実態基本調査」の結果と比べると全体的に低くなっていますが、現在、子どもにケータイを持たせていない保護者の方に、いつ持たせるのが適切か伺ったところ、子どもの学齢が下がるほどケータイを持たせてもよいと考える時期が早くなる傾向が見られました【図2】。たとえば、小学校入学前のお子さまをお持ちの保護者の場合、現在は子どもにケータイを持たせている割合は0%ですが、小学校低学年までに28%、高学年になると47%の方が子どもにケータイを持たせてよいと考えています。つまり、現在、小学校入学前の子どもが小学校高学年になる時代には、小学6年生の約二人に一人がケータイを持つ時代になるかもしれないということです。ただ、インタビュー編でも書いたように、住んでいる地域や家族構成、ライフスタイルの違いなどもあり、何歳からケータイを持てばいいのかは一概には言えません。時代の流れだから、周りが持っているからと安易に持たせるのではなく、なぜ必要なのか、本当に必要なのかをよくご家庭で話し合ってからケータイを持たせるようにしましょう。


ケータイを持たせた理由は「家族との連絡」がトップ

お子さまにケータイを持たせた理由を伺ったところ、「家族の連絡に必要になったから」がトップで、「塾や習い事の送迎連絡に必要だから」、「防犯・安全に役立つと思ったから」と続いています【図3−1】。やはり、ケータイの最も基本的な使い方である「連絡手段」に使うという理由が最も多く、それとあわせて、最近の子どもを狙った犯罪の増加から「安心・安全」のためのツールとしてケータイを持たせる方も増えているようです。
ケータイを持たせた理由を学齢別に見たところ、「送迎時や家族との連絡手段」と答えた方の割合は全学齢で比較的高いですが、「安心・安全」の部分では学齢が低くなるほど割合が高くなるという傾向が見られます【図3−2】。「連絡手段として」、「安心・安全のため」というのはどちらかといえば、保護者の側の都合で持たせているという形ですが、学齢が高くなるにつれて「子どもが欲しいと言ったから」という子ども主体の理由も増えています。


また、自由回答のなかには次のような回答がありました。
  • 娘の孤立化を防ぐための消極的な選択(クラブやクラスで携帯を所持していないのが、娘だけになってしまった)[高校生の父親]
  • 学校からの連絡で使うので[高校生の母親]

「友達との連絡に必要だと子どもに言われたから」という理由の割合も、小学生では0%ですが、中高生になると20%を超えており、子ども間のコミュニケーションツールとしてケータイの存在が大きくなっているなかで「ケータイがないと孤立化してしまう」ことや、「学校からの連絡が他の子どもと同様に受けられない」という切実な現状があることを考えると、「周りが持っているから」という理由も、その背景について、真剣に考えていかないといけない時代になってきているのではないかと思います。





BEAT(東京大学大学院情報学環 ベネッセ先端教育技術学講座)
コーディネータ 秋山大志

プロフィール

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A