[今週の一冊]『子どもを伸ばす毎日のルール』辰巳渚著 岩崎書店

子どもを伸ばす毎日のルール 辰巳渚 岩崎書店 ISBN番号-10: 426580148X 「ありがとう」「ごめんなさい」「はい」「おいしい」「あなたが大好き」そんな言葉をいつも交わす家庭でありたいものです。


「家族にもマナーは必要だよね」。
私と夫が際限なく批判し合っていた時期を過ぎて、あるとき次女がそう呟いた。
そう、言いたいことがなんでも言えて勝手放題にふるまえるのが家族ではない。
もしそうしていたら、誰かが犠牲になっているのです。


「捨てる!」技術 辰巳 渚  宝島社 ISBN番号-10: 479665030X ベストセラー『「捨てる!」技術』の著者は、この『子どもを伸ばす毎日のルール』の中で、子どもたちと気持ちよく暮らすためのルール100を提案している。
「ありがとう」「ごめんなさい」を言い合い、呼ばれたら「はい」と答える。食事のとき「おいしい」と言うのが作った人への礼儀。清潔な服を着る。モノを使ったら元に戻す。次に使う人のことを考えるなど、どれも納得できるものばかり。
しつけるために叱ってばかりの自分に嫌気がさしているあなたの特効薬になりそう。


「あなたが大好き」という気持ちを忘れず、毅然と、実行してください。


私も今さらながらやってみて、大事なことはまず親が率先してやってみせることだと気づきました。

プロフィール

杉山由美子

NPO法人 孫育て・ニッポン理事長、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。「母親が一人で子育てを担うのではなく、家族、地域、社会で子どもを育てよう」をミッションに、全国にて講演、プロジェクトを行う。東京都北区多世代コミュニティー「いろむすびカフェ」アドバイザー。産後のママをみんなでサポートする「3・3産後サポートプロジェクト」発起人。著書、共著に「ママとパパも喜ぶ いまどきの幸せ孫育て」(家の光出版)。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A