[今週の一冊]『なせば成る』中田宏著 講談社

なせば成る』の著者は37歳で横浜市長に当選。
「財政透明度日本一」など画期的取り組みで注目される。
しかしこの若き政治リーダーもじつは偏差値38の落ちこぼれだった。


なせば成る 中田宏 講談社 ISBN番号-10: 4062569809 偏差値38からでも人生は変えられる!
 だから自分に腐るな。
熱く呼びかけているこの本を著者が書くきっかけは、街角で話しかけた高校生が、自分を「バカだから」と言ったからだった。


根っからの体育会系の著者は、勉強はできないけれど自分のことをバカだと思ったことはない。
ヤンキーがうようよいる高校で偏差値は38。
しかし猛然と勉強し青山学院大学に合格。
卒業後、松下政経塾に入り政治家を志したのだ。


まさにやればできる。
なせば成るの見本のような生き方。


感心するのは自分に厳しく、自分に課した原則を貫いていること。
現場が大事だという考えからゴミ処理場で2カ月も働いたりもしている。
街頭演説のあとは毎日掃除したという。


しかし朴念仁ではない。
お茶もやればジムに通い、おしゃれでもある。
こんなさわやかで政治に使命感をもった大人がいることを子どもは知っただけでも勇気づけられるにちがいない。

プロフィール

杉山由美子

NPO法人 孫育て・ニッポン理事長、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。「母親が一人で子育てを担うのではなく、家族、地域、社会で子どもを育てよう」をミッションに、全国にて講演、プロジェクトを行う。東京都北区多世代コミュニティー「いろむすびカフェ」アドバイザー。産後のママをみんなでサポートする「3・3産後サポートプロジェクト」発起人。著書、共著に「ママとパパも喜ぶ いまどきの幸せ孫育て」(家の光出版)。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A