中学2年なのに、まったく勉強の習慣が身に付いていません[教えて!親野先生]

今週の相談

 

中学2年にもなるのに、まったく勉強の習慣が身に付いていません。宿題すら、しっかりできない始末。パソコンにはいくらでも集中できるのに……。パソコンで勉強をとも思ったのですが、遊びと勉強は違うようで。なぜ勉強しなければならないのか、意味があるのかがわからないようで、私もどう説得してよいのかわかりません。(サトレン)

 

【親野先生のアドバイス】

サトレンさん、拝読いたしました。

パソコンにはいくらでも集中できるということは、好きなことならがんばれるということです。そう考えればいいと思います。その好きなことを生かしながら、その子を伸ばしていくといいのではないでしょうか。そこに、希望の光が見えてくると思います。

ですから、「パソコンで勉強を」させようと思ったのは、いい試みだったと言えます。たぶん、パソコンの勉強ソフトをやらせてみたのでしょうね。でも、うまくいかなかったのはなぜでしょうか?

それは、その子が好きなパソコンの使い方とは違っていたからだと思います。勉強ソフトの場合、実際に行うのはマウスで問題の解答をクリックという作業です。でもそれは、その子の好きなパソコンの使い方とはまったく違っていたのだと思います。

そこで、大切なのは、その子はパソコンで何をするのが好きなのかということです。ひとくちにパソコンといっても、さまざまなことが考えられます。

パソコン本体の組み立てとか、自分でプログラムを作るなどの本格的なことが好きなのでしょうか? それとも、ネットサーフィンでしょうか? または、ブログや自分のHPを作ること、デジカメで撮った映像の編集をすること、音楽に関係すること、パソコンゲームなどいろいろ考えられます。

いずれにしても、まず、子どもがパソコンで何をするのが好きなのかをよく理解してやることが必要です。それは、子どもを危険から守るうえでも大切なことです。中学2年生なら、その気になればパソコンでかなりのことができますから。

そして、子どもがパソコンで何をするのが好きなのかを理解してやることで、子どもを伸ばしてやる方向性も見えてくるはずです。

パソコン作り、プログラム作り、ネットサーフィン、ブログやHPの作成、映像の編集、音楽の編集、どれもこれもすばらしい可能性を秘めています。これらが好きで得意なら、すばらしいことです。なぜなら、これからの世の中では、ますますパソコンの重要性は増していくからです。

ですから親がうまく支援して導いてやり、その方面での子どもの能力をどんどん伸ばしてやってほしいと思います。それに、親の目があれば正しい方向に伸びていくことができます。

ところで、いくら好きなことでも、子どもが自分自身の力で伸びていくには、限界があります。親が一緒にやってやったり、本を買ってやったり、○○教室に連れて行ってやったりすることで、子どもはぐんぐん伸びていけるのです。

また、パソコンゲームが好きな場合はどうしたらいいでしょうか? この場合も、うまく導ければ、ゲームソフトを作る方に伸ばしていくことも可能です。現に、今ゲームのクリエイターと呼ばれる人たちは、みんなもともとはゲームソフトで遊んでいた人たちがほとんどなのですから。

私は、とにかく、まず、その子が好きなものを伸ばしてやることをおすすめします。一つのことで実力がついてくれば、その子は大いに自信を持つことができます。それは、いろいろな面にいい影響を及ぼすはずです。

ご質問のように、勉強の習慣がまったくなくて意欲もないような場合に、説得して勉強を進んでやるようにさせるなどということはかなり難しいことだと思います。それは、すでに十分おわかりだと思います。

好きなパソコンを生かしてその子をやる気にさせるという方向で進めていったらいいのではないでしょうか。

私ができる範囲で、せいいっぱい提案させていただきました。少しでもご参考になれば幸いです。サトレンさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A