[動画]コミュニケーション初めの一歩「あなたのことを気に留めています」

「保護者の授業」では、子どもを伸ばす専門家を講師に迎えた授業が動画で視聴していただけます。1月5日からは、臨床心理士の平木典子さんを講師に迎え、「コミュニケーション初めの一歩」をテーマに実施した授業を4週にわたってお届けします。

コミュニケーション初めの一歩
~ 相手を受け留めていることを伝え合うこと ~
(第1回)「あなたのことを気に留めています」

平木典子
(2005/12/19 ベネッセコーポレーションで撮影)


赤ちゃんが生まれてまもなく出す信号は「すやすや眠っている」と「泣く」この二つです。「すやすや眠っている」という信号は、「私は今気持ちいいです」という信号。「泣く」のは、「何かがほしいです」という信号です。

赤ちゃんは、「今おなかすいたよ」とも泣くし、「おしめがぬれている」とも泣くし、何でもかんでも泣いて言うわけですね。だから、赤ちゃんがうるさいと思っちゃいけないわけですね。しかしながら、親も泣いている信号を受け取れなかったり、赤ちゃんが泣き止まなかったりという状況はいっぱいで、それがわからなくて大ピンチになることがあります。また、親がどうしようと思うと赤ちゃんはもっと泣き出すという悪循環もあるわけです。今の虐待がまさにそれで、どちらもわからずに悪循環が起こっているように思いますね。

「すやすや眠っている」と「泣く」ことしかない赤ちゃんが信号を覚えていくのは、親が出す信号をお手本に覚えていくのであって、とても重要です。親も完璧ではないので、お手本といえども失敗しながら学んでいく、失敗しながらこういうときはこうなんだなとお互いにわかりあっていくことがコミュニケーションのはじめです。




■コミュニケーション初めの一歩 ~相手を受け留めていることを伝え合うこと~

プロフィール

平木典子

津田塾大学英文学科卒業後、一般にはほとんど知られていなかったカウンセリングに興味をもち、アメリカミネソタ大学院に留学、専攻はカウンセリング心理学。現跡見学園女子大学文学部臨床心理学科教授。臨床心理士。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A