「14歳の金メダリスト」岩崎恭子さん 子育て中の現在を語る

14歳で、史上最年少の金メダリストとなった元競泳選手の岩崎恭子氏も、現在は母親になり、3歳になる長女の子育て中。子どもの才能を引き出し、チャレンジする力を育むために意識していることについて伺った。

***

 

指導者として関わる水泳のイベントには、水や泳ぎが苦手な子どもたちも参加します。その子どもたちの体が浮くようになったらすかさず、ほめてあげると「できた!」という喜びが生まれます。体験と喜びを一つひとつ増やしていくことで、苦手なことが好きになり、得意なことになっていくのだと思います。力を抜くこと、そして「できた!」を積み上げていくことを、大人は「ほめる」ことでサポートしてあげるとよいのではないでしょうか。

 

子どもは好きなことを夢中でやっていくと、思いがけない才能が開花するものです。私の母は子どもの習い事に熱心で、姉のまねをしたい私にも同じように水泳を習わせてくれました。水泳で記録を出すことに夢中になった私は、姉と競うようにして記録を伸ばしていけたのです。

 

娘は今年3歳になりました。水泳も含めて今はまだ習い事はさせていません。夫もスポーツ選手でしたし(元ラグビー日本代表、斉藤祐也氏)、あくまで自主性に任せようと思っています。夫とは、娘が何かに挑戦しようとするなら、手も口も出さずに応援しよう、彼女が助けを必要とした時に手を差し伸べられるよう見守っていよう、と話しています。常に見守っていなければ、必要なタイミングにサポートすることはできません。親のサポートを上手に利用しながら、やりたいことにチャレンジし、自分らしい人生を歩んでいってほしいです。

 

出典:岩崎恭子さん(バルセロナ五輪・金メダリスト)に聞く、「壁を乗り越える力」の育み方【後編】~自主性を見守り、応援する~ -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A