子ども向け英会話オンラインレッスン 保護者は「逆上がりの補助」の感覚で

子ども向け英会話オンラインレッスン 保護者は「逆上がりの補助」の感覚でネイティブティーチャーと1対1の「生きた英会話」が自宅で手軽にできる、子ども向けの英会話オンラインレッスンが注目されている。実践、導入にあたっての注意点、活用ポイントなどを、横浜国立大学の満尾貞行先生に伺った。

 

***

 

●レッスンはリラックスできる空間で
オンラインか否かに関係なく、英会話レッスンで大切とされているのが「リラックスした雰囲気」。特に最初は、聞くことにも話すことにも緊張しがちです。オンラインにも英会話にも初めて向き合う子どもには、リビングでも自室でも、本人が今一番安心してリラックスできる空間を用意してあげましょう。

 

●習慣化する
いつでもアクセスできるのは、オンラインレッスンの特徴でもあり魅力でもありますが、特に子どもの場合は「何曜日の何時」と決めて、習慣化したほうがよいでしょう。規則性を持たせることで、心と体の準備がすぐに整い、レッスンにすっと入っていけるようになります。

 

●先生との相性
いろいろな先生と出会って自分の実力を試したいという子どももいれば、ひとりの先生に決めたほうが安心するという子どももいます。また、じっくり考えるのが好きな子どもには、すぐヒントを出したり、待つのが苦手だったりする先生は、あまり向いていません。子どもの性格に合わせ、反応や感想を見つつ、どの先生がいいかを親子で考えましょう。

 

●保護者は「逆上がりの補助」の感覚で
慣れないうちはそばにいてあげて、これはわかっていないなと判断したらアドバイスをしてあげましょう。逆上がりの練習時にさりげなく補助する感覚です。レッスン後は振り返りも重要。「あそこで黙っちゃったね」「次はこのことばを使ってみよう」など、軽く復習するとよいでしょう。

 

まずは単語でOK。自力で発話できればすばらしい「道具」を手に入れたことになります。週に1回、15分程度でも、オンライン英会話の可能性に目を向けてみましょう。

 

出典:初めてのオンライン英会話 活用ポイント -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A