ひらがな

沢井佳子先生
監修:沢井佳子先生
プロフィールを見る

STEP2.正しい字形を上からなぞる「なぞり書き」

手指が自由に動かせるようになったら、今度はなぞり書きをすることで一つひとつの文字の線の曲がり方や交わり方などの仕組みを学びます。また、この時期に大切なのは、自分のよく知っていることばをひらがなで書いてみるなど、楽しく文字を書く体験をすることです。

イラスト STEP2

どうしてなぞり書きをするといいの?

文字は何本かの線によって形作られる図形のようなものです。しかし幼児期の図形を認識する力はまだまだ発展途上。ですから、お手本があるからと言って文字を正しく書くというのは難しいことなのです。すでにあるお手本を「なぞり書きする」ことは、文字の全体像をイメージしやすく、文字の形のバランスをつかむ助けになるのです。

イラスト どうしてなぞり書きをするといいの?

大切なのは、楽しく文字を書く体験をすること

「あいうえお」順に練習させると、お子さまにとっては書くのが難しい「あ」からスタートしてしまいます。まずは一筆で書ける「つ・く・し」のような書きやすい字から練習するとよいでしょう。また、お子さまの名前や好きな言葉など、書きたい言葉から練習させてあげることも大切です。「次は何を書こうか?」とお子さま自身に決めさせてあげると、書いたあとの達成感もグッと高まります。

イラスト 大切なのは、楽しく文字を書く体験をすること