狭山ヶ丘高等学校・付属中学校

本校PR

本校は中等部の3年間、高等部の3年間、計6年間での指導により、生徒の進路を実現できるように指導しています。しかし小学生から中学生になり、突然「進路」と言われてもなかなか想像しにくいものでしょう。さらには大学といっても具体的なイメージは沸き難く、かつ、わからないことも多いでしょう。また将来の目標と言われても、幼稚園や小学校のときのような夢も描きにくい状況になっているかもしれません。実際、生徒に聞いてみると、まだ何も決まっていないという答えが多く見受けられます。そのため中等部では、まずは「具体化」「自己分析」「思考力、発想力の向上」といったことをキーワードに生徒の進路指導をしています。
「具体化」する対象は「大学のイメージ」や「将来像」です。本校の生徒には、中学校一年生からキャンパス見学や文化祭に参加することを推奨しています。もちろんインターネットやパンフレットで情報を得ることはできます。しかし、実際にキャンパス内に足を踏み入れ、大学の先生や学生の方と話すことで得るものが多くあると考えます。年度によって訪れる大学は異なりますが、2019年度は、東京大学と首都大学東京(現:東京都立大学)を訪れました。東京大学では、本校の卒業生にキャンパス内を案内してもらい、話す機会をもらいました。首都大学東京では教授や大学院生と話す機会をいただき、中学生の今だからできること、やっておいた方がよいことを伺いました。このように大学のキャンパスに直接足を踏み入れ、教授や学生の生の声を聞く、といった具体的な体験を増やすことで、生徒たちは大学に対して想像を具体的に膨らませることができるようになります。また、そのことで大学に限らず自身の将来像にも想像を働かせることができるようになると考えています。
また、具体化するのは「自己」についても同様です。自分自身のことは他者のことに比べると考える機会が少なく、漠然とした認識しかないこともあります。そこで、「総合的学習の時間」を活用して「自己分析」の機会を作り、考える術(すべ)を身に付けさせています。自分のことは考える機会がないと具体化しにくいものです。自己に対する漠然とした認識を有していたとしても、それだけでは活用することはできません。しかし、考える手段を獲得することで「自己分析」ができ、漠然とした自己への認識から具体的な側面が浮き彫りになるのです。そのために「思考力、発想力の向上」を目指しています。ここで中等部が行っているワークショップのいくつかを紹介します。一つはMindMapの作成です。話題の中心となるテーマから連想するものをどんどん書き連ねていくものです。このことによって、頭の中で点在し、漠然としていた認識が一つの可視化された情報に転ずるので、完成したMindMapを俯瞰すると自身の認識を理解することができ、さらなる思考、発想につながっていきます。もう一つはBrainStormingです。本校ではポストイットを使用して生徒に様々な情報を整理させています。テーマごとのグループを作り、関係性を可視化します。整理され、関係性が示された情報を俯瞰することで、さらなる思考、発想につながります。このような手段を知ることで、自分自身について考えるのは当然のことながら、他者や社会、その他の事象などに敷衍することもできるようになり、深い分析力へと接続すると考えています。
以上のように、本校では、生徒が自身の将来に対して考える機会と手段を提供することを心がけています。それは、具体的な目標というものが学習への活力になると考えているからです。この多感な中学生という年代では学習する意味、目的を失ってしまいがちです。「将来のため」ということは頭ではわかっていても、そこに具体的な将来像がなければ、活力にはなりません。多くの情報が流布する現在において必要な、情報を整理し、分析する力を本校で身につけてみてください。

在校生、教職員からひとことコメント

img

生徒からの声

本校は、中学専用の自習室などの施設が充実しています。また、ベルーナドームでの体育祭や校外学習、そして軽登山など多くのイベントがあり、色々な経験ができ、充実した学生生活を過ごせます。

中学3学年 女子バドミントン部

私が思うこの学校の良いところは、授業がわかりやすいところです。先生方にわからない問題を質問すると親身になって教えてくれて、その際の解説もすぐに理解できます。そのおかげで授業への意欲が上がりました。

中学3学年 男子バスケットボール部

先生からの声

生徒たちは試行錯誤しながらも主体的に学習や行事に取り組み、学んだ内容を振り返り、心身ともに成長しています。そして学習内容を自分の言葉で説明できるように、学校生活の中でリテラシーを高めようとしています。

中学3学年担任・アメリカンフットボール部顧問

※取材当時の情報です。

創立

高校:1960年/中学:2013年

高校募集

あり

男女区分

共学

生徒数(中)

165

生徒数(高)

996

設置学科

普通科

宗教

なし

制服

あり

給食

なし

登校時間

8:25

下校時間

19:00(10~3月は18:00)

オンライン
授業環境

あり(Google workspace・全館Wi-Fi設備導入済み)

保護者への
連絡手段

一斉メール

屋外グラウンド

あり

プール

なし

学費

782,000円

住所

〒358-0011
埼玉県入間市下藤沢981

最寄り駅

西武池袋線 武蔵藤沢駅

電話番号

04-2962-3844

URL

http://www.sayamagaoka-h.ed.jp/juniorhighschool/

最新の学校情報

*クリックすると外部Webサイトへ移動します。
*クリック先は重複している場合があります。

狭山ヶ丘高等学校・付属中学校
運動部 Pick Up

野球部
  • 令和2年度夏季埼玉県高等学校野球大会で優勝しました。
女子バレーボール部
  • 2021年に6年連続8回目の関東大会出場を果たしました。
サッカー部
  • 2022年に初のJリーガーを輩出しました。
陸上競技部
  • インターハイや全国高校駅伝出場などの輝かしい実績と、伝統ある部活動です。
弓道部
  • 部員のほとんどが初心者から弓道を始め、全国大会出場・入賞を目標に日々切磋琢磨しています。

狭山ヶ丘高等学校・付属中学校
文化部 Pick Up

吹奏楽部
  • 埼玉県屈指の大会結果を誇り、定期演奏会だけでなく様々なコンサートを行っています。
インターアクトクラブ
  • 彩の国ロードサポート、地域のお祭りの準備のお手伝い、募金活動など幅広く様々な活動を行っております。
茶道部
  • 校内の茶室「悠久庵」で活動し、裏千家茶道中級を取得することが出来ます。
書道部
  • 文化祭での書道パフォーマンスだけでなく、各大会で素晴らしい賞を獲得しています。
科学部
  • 充実した設備の中で、様々な生物を飼育したり、採集した動植物の標本化なども行っているハイレベルな部活です。

狭山ヶ丘高等学校・付属中学校
行事 Pick Up

体育祭
  • 6月にベルーナドーム(旧西武ドーム)で行われる体育祭は、生徒一人一人が自分のクラスを総合優勝に導くべく全力を尽くしクラスの仲間を応援し一致団結して頑張ります。その姿はとても輝かしくまた逞しく見えます。
文化祭
  • 9月に土曜日と日曜日の二日間開催され、1・2年生では様々な歴史や出来事を調べて発表したり、3年には英語劇を上演したりと生徒一人一人がクラスの仲間と協力して最高のものを作り上げています。
スピーチコンテスト
  • 1年生は物語の音読、2年生は著名なスピーチの暗誦・3年生はオリジナル原稿を作成し暗誦して参加します。全生徒が英語科教員の指導を受けて練習・校正した後、各クラスで代表者の選抜が行われ、選ばれた代表者たちがこのコンテストで競い合います。

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

日程
イベント
6/3(金)
体育祭
7/18(月)
学校見学説明会
8/20(土)
オープンスクール
9/10(土)
文化祭
9/11(日)
文化祭・学校説明会
10/15(土)
学校見学説明会
11/5(土)
学校見学説明会
12/3(土)
学校見学説明会

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

応募者全員プレゼント 応募者全員プレゼント

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部