ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

子育て・教育・受験・英語まで網羅したベネッセの総合情報サイト

横浜女学院中学校 高等学校

本校PR

横浜女学院はプロテスタントのキリスト教精神による女子の人間教育を行っています。聖書こそ人間の創る真実の教えであると信じ、主による「感謝・信頼・希望」を重んじています。 神様と人に愛されている存在としての肯定的なアイデンティティを確立し、多角的かつグローバルな視野をもち、社会貢献を果たすことのできる生徒の育成を目標としています。 2015年度より文部科学省からSGHアソシエイト校として指定を受け、世界で活躍できる人材の育成を目指しており、ワークショップやフィールドワークなどの参加型の学びを通して、ESD(持続可能な開発のための教育)的価値観を養っています。2021年度からは、スーパーグローバルハイスクールネットワーク校に指定されました。 さらに、2018年よりCLIL(内容言語統合型学習)を導入しています。理科や美術など他教科の授業を英語で行い、今まで行われてきた「読む・聞く・話す・書く」の4技能の授業に加え、英語で考える力を伸ばし、国際的に活躍する為の真のコミュニケーション能力を養っています。

在校生、教職員からひとことコメント

生徒からの声

横浜女学院では先生たちがとても親切にしてくださって、何回も質問しても親身に答えてくれました。疑問に思うことは何度聞いてもいいということがわかり、どんなことでも、まずなんでだろうと疑問から入り考えれるようになりました。

卒業生

横浜女学院の在学中には難関校を目指す自信がなく、自分には無理だろうと本来の気持ちから逃げていました。そんな時に先生から本当の自分の気持ちから逃げてはダメだよと厳しい言葉を頂きました。その言葉で言い訳していたことに気づき、そこから現在の大学を本気で目指そうと改めて決心しました。本当に素敵な6年間で充実した学校生活を送れたと感じています。

卒業生

先生からの声

全ての生徒が1台ずつ端末を持っているので、コロナ期間中は勿論ですが、オンライン授業など様々な用途で活用しています。
どの校舎からもインターネットにアクセスが可能で、プレゼンやディスカッションといった普段の授業とは違ったアプローチができています。

先生

創立

1947年

高校募集

帰国生のみ募集

男女区分

女子

生徒数(中)

492

生徒数(高)

309

設置学科

普通科

宗教

キリスト教

制服

あり

給食

弁当持参、パン販売

登校時間

8:20

下校時間

18:00

オンライン
授業環境

あり

保護者への
連絡手段

アプリケーションを活用し連絡

屋外グラウンド

あり

プール

なし

学費

入学金:300,000円
授業料年額:432,000円
施設費・維持費年額:156,000円
諸経費・その他年額:21,600円
初年度納入金合計:909,600円

住所

〒231-8661
神奈川県横浜市中区山手町203

最寄り駅

JR根岸線 石川町駅
横浜市営地下鉄 ブルーライン 伊勢佐木長者町駅

電話番号

045-641-3284

URL

https://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/

最新の学校情報

*クリックすると外部Webサイトへ移動します。
*クリック先は重複している場合があります。

横浜女学院中学校 高等学校
運動部 Pick Up

チアリーディング部
  • チアリーディングは、仲間を信頼し、見ている方に「元気・勇気・笑顔」を届ける競技です。部員数は、90名くらい所属しています。大会だけではなく、さまざまなイベントにも参加させていただいています。これからも多くの方の協力への感謝の気持ちを大切にして頑張ります。 第9回チアリーディング選手権大会スモールグループス女子部門 優勝 第11回アジアインターナショナルチャンピオンシップスモールグループス演技競技女子部門 第3位 第19回関東チアリーディング選手権大会 Division1 高等学校の部 第5位 第28回全日本高等学校選手権大会 Division1 第8位 JAPAN CUP 2017 チアリーディング日本選手権大会 Division1 高等学校の部 第8位
ダンス部
  • ダンス部では、HIPHOPを中心にストリートダンス、JAZZなど自分たちが踊りたい内容を幅広く取り入れて新しいことにもチャレンジしています。 過去には全国大会の出場やヒップホップ大会で3位受賞の実績もあり、日々、表現力を磨いています。
バスケットボール部
  • バスケットボール部の目標は、「試合に勝つために応用的な動きを多く身につける」ことです。バスケ部では、名前で呼び合うほど仲が良い部活ですが、 活動中はメリハリをつけて、プレーの中でも助け合うことを大切に練習しています。2020年度は、中学生が県大会に出場しました。
バドミントン部
  • バドミントン部では、体育館での練習では、「実戦練習」を中心に行います。大会の直前には、試合形式の練習も取り入れながら試合に臨んでいます。また、グラウンドなどでの練習では、走り込みや筋力トレーニングを取り入れています。夏合宿では、卒業生もコーチとして指導してくださり、集中的に練習ができます。未経験者が多いですが、先輩と後輩の仲もいいので、丁寧な指導を受けながら技術を向上させています。
ソフトテニス部
  • ソフトテニス部では、私学大会ベスト8を目指して日々、楽しくメリハリをつけて活動しています。中区大会第3位、中学私学大会ベスト16を果たしたこともあり、目標を達成できるように頑張ります。

横浜女学院中学校 高等学校
文化部 Pick Up

演劇部
  • 演劇部の活動日は、3 日間が基本ですが、大会などの発表が近づくと土曜日も活動します。活動内容は、発声・歌・ダンス・劇の稽古をしています。2017年度は、「神奈川県私立中学校演劇コンクール」に出場し、最優秀賞に選ばれました。中学生も推薦をしていただいた「神奈川県創作劇大会」「神奈川県私立中学校演劇コンクール」に出場しました。大会での上位入賞を目指し、素敵な劇を届けることができるように毎日、活動しています。
吹奏楽部
  • 吹奏楽部では、体育祭・なでしこ祭・定期演奏会に向けての練習や夏の大会では、県大会に連続して出場しているので、上部の大会で金賞を取ることができるように練習しています。毎日の活動は、中高で一緒に活動していて、上級生も下級生も仲良く、技術向上を目指し、日々励んでいます。
自然部
  • 自然部は、基本的には週 2 回の活動です。年に 2 回程度ですが、祝日に活動もし ます。校舎の裏手に「畑」があり、野菜やお花を育てています。よもぎもち作り、アロマスプレーの虫除けやクリスマスリースなどの季節に合わせた製作活動もしています。また、外部講師による体験やサマーキャンプも 行っています。
YCA部
  • 「YCA」とは、「Yokohama Jogakuin Christian Association」の略です。週 1 回の活動ですが、英語で聖書や日常生活のことを話し合ったり、 音楽を通じて交流をしたりしています。
数学研究部
  • 活動日は火、水の週2日間です。 まだ、発足したばかりですが、数学が好きな人もそうでない人も数学検定や 数学甲子園への出場の目標を持って「数学」に向き合います!

横浜女学院中学校 高等学校
行事 Pick Up

イースター礼拝
  • 毎年4月にイースター礼拝を行います。
    イースターとは、イエス・キリストが、死後3日目によみがえった「復活」を祝うときで、クリスマスとともにキリスト教においては重要な祝日です。
    牧師の話を聞き、特別賛美を捧げるなどお祝いします。
体育際
  • 本校の体育祭は2日間にわたり様々な団体競技や発表、徒競走、応援合戦などを行います。
    全学年、全生徒が全力で取り組んでおり、勝ち負け以上の思い出が毎年生まれます。
ニュージーランド海外セミナー(中学3年生)
  • 毎年10月に中学3年生はニュージーランドの海外セミナーに参加します。
    クライストチャーチの大聖堂での礼拝をはじめホームステイをしながら、語学学校や姉妹校、提携校に通い英語での発表や協働学習を行います。

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

日程
イベント
9/18(土)
学校説明会(体験プログラムあり)
10/6(水)
学校説明会(体験プログラムあり)
10/25(月)
ミニ説明会
11/3(水)
文化祭(入試相談コーナーあり)
11/4(木)
文化祭(入試相談コーナーあり)
11/13(土)
学校説明会(体験プログラムあり)
11/15(月)
ミニ説明会(ナイト)
12/18(土)
学校説明会(6年生対象入試体験あり / 5年生以下対象体験プログラムあり)
1/8(土)
学校説明会(6年生対象入試体験あり)

※日程等に変更がある場合がございます。
詳細は、必ず学校のホームページをご確認ください。

応募者全員プレゼント!学校選び、受験勉強に役立つ資料を差し上げます。 応募者全員プレゼント!学校選び、受験勉強に役立つ資料を差し上げます。

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部