受験や教育の情報満載!
Benesse(ベネッセ)の教育情報サイト

動画ライブラリ

動画ライブラリ

2012/4/9更新

小学生 基礎から学ぶ野球トレーニング 2012/4/9更新

運動が苦手な子でもできる、野球の上達方法をお届け!保護者が練習のサポートをする際に、気をつけるポイントもお伝えします。

◀ダイジェスト

ピッチング・キャッチボール キャッチング・キャッチボール バッティング

ピッチング・キャッチボール

キャッチング・キャッチボール

バッティング

【第1回】ピッチング・キャッチボール

【第1回】ピッチング・キャッチボール

修徳中学校野球部の小野寺信介監督による、野球トレーニング。野球の基本を身につけるためのコツと、その練習方法を3つのテーマでお届けします。第一回は「ピッチング・キャッチボール」。

1.POINT

1.POINT

<POINT1 ボールの握り方>

人差し指と中指をボールの縫い目にそってかけ、親指がその人差し指と中指のちょうど真下に来るように握るところからスタート。親指の腹で握らないように、注意。

<POINT2 腕の使い方>

腕の使い方は、腕全体を使うことがポイント。ボールを投げる前に、腕を大きく回して、大きく振ってみてから投げると、肩・ひじ・手首が連動され、腕全体を使って投げることができる。

<POINT3 下半身の動き>

まず軸となる右足を相手に対し90度に向け、左足のつま先をまっすぐ相手に向けるようにする。重心を右足から左足に移動することが重要。


2.椅子に座ってピッチング

椅子に座ると下半身が押さえられ、上半身の使い方に集中できる。実際にボールを投げなくても、正しい姿勢が身に付くため、効果的。
 

2.椅子に座ってピッチング

3.椅子から立ち上がってピッチング

椅子に座った時の練習方法を思い出しながら、やや椅子から腰を浮かして立ち、右足に重心を置く。そして左足のつまさきに重心を移動させることのがポイント。

3.椅子から立ち上がってピッチング


4.立ってピッチング

今までやったことを思い出し、実際に練習を。上半身と下半身を相手に向け、腕全体で投げ、軸足から投げる足に移動させる。上半身と下半身を一緒に使うのがコツ。

4.立ってピッチング

【第2回】キャッチング・キャッチボール

【第2回】キャッチング・キャッチボール

「取る」は野球の中でも大切な基本。3つの練習方法から、上達のコツをつかみましょう。コツをつかめば、もっと野球は楽しくなります!

1.POINT

1.POINT

<POINT1 腕の使い方>

まずグローブを持つ腕を回し、体の前に持ってくる。次にその状態からグローブだけを相手に向ける。ひじを前に出すことにより、無駄な力が抜け、ボールが取りやすくなる。

<POINT2 ボールをつかむ場所>

グローブをはずし、人差し指を立てて相手のほうにむける。そのことによってボールをうまくとることができる。ボールを取る時は人差し指と中指の中心あたりで取るように。

<POINT3 グローブでボールを捕る>

グローブに手を入れた状態で人差し指を立て、腕を回し、ひじを体の前に持ってくる。そのまま手首を返し、ボールを受けたら、指でしっかり取ること。

2.椅子に座ってキャッチング

ピッチングの時と同様にボールを受ける時の正しい姿勢が身に付く。椅子に浅く腰かけ、グローブを少し体から離すのがコツ。ボールを受けたら指でしっかりつかむ。

2.椅子に座ってキャッチング

3.カラーボールでキャッチング

椅子に座ったまま、初めはボールを片手ではたくことから。右手、左手と片手ずつやることから始め、慣れてきたらボールを両手でキャッチする。

3.カラーボールでキャッチング

4.グローブをはめてキャッチング

キャッチングは腕だけでなく、足の使い方も大切。ボールがグローブに触れる瞬間、右足を一歩前に踏み出すと、次の動作にすぐ入りやすくなる。腕と足、両方を使うこと。

4.グローブをはめてキャッチング

【第3回】バッティング

【第3回】バッティング

正しいバットの握り方

1.POINT

1.POINT

<POINT1 バットの握り方>

右バッターは左手を下に、右手を上にして、指の付け根近くから指とバットが直角になるように握る。また小指からしっかり握ることも、大切なポイント。

<POINT2 腕を長く使う>

一度腕を回してみると、肩甲骨などがうまく使われ、腕全体でスイングできる。腕が縮んだままでは、うまくバットが振れないので注意。

<POINT3 バットの構え方>

肩幅よりやや広めに足を開き、軸足に重心をかけてまっすぐ立つこと。こうした構え方によって、次の動作に移りやすくなる。

<POINT4 上半身と下半身の連動>

飛んできたボールにタイミングを合わせて、左足を前へ。バットを振る瞬間、重心を左足から右足へ移動する。体重を上手に移動することで、力強くバットをスイングできる。

2.テニスラケットで面をとらえる

面でボールを捕らえる練習には、面が広いテニスラケットを使うのが効果的。ピッチング練習と同様に、まずは椅子に座った状態で打つ練習を。ボールを面でとらえる感覚が身に付く。

2.テニスラケットで面をとらえる

3.椅子に座ってバッティング

最初はやわらかいビニールのバットを使うことからスタート。ラケットでの練習同様、ボールを面でとらえること、足と胸を投げる方向に向けることがポイント。
 

3.椅子に座ってバッティング

4.立ってバッティング

腕全体を使い、軸足から踏み出す足へ重心を移動させてバットを振る。ピッチング同様に上半身と下半身、体中すべての力を使うのが、バッティングの基本。
 

4.立ってバッティング

【もっと読む】

大勢の小学生が一度は経験する野球。サッカー、テニス、ゴルフ、バスケットボールなどのたくさんのスポーツのなかでも少年スポーツの王道といってもよいでしょう。そしてご家庭でも、保護者のかたと一緒に練習に励むことが多いようで、教育情報サイトにも「キャッチボールのコツを教えてほしい」や「子どもの野球のトレーニングをしてあげたい」など、多くの声が寄せられます。
そこで今回、運動が苦手な子でもできる「野球の上達方法」を、無料動画でお届けします! 保護者が練習のサポートをする際に、気をつけるポイントもお伝えします。講師としてお迎えした小野寺信介さんは、全国中学校軟式野球大会の常連校である修徳学園中学校の監督。毎年素晴らしいコーチングで、選手やチームを勝利に導いておられます。
今回お伺いしたのは、ピッチング、キャッチング、バッティング、キャッチボールの基本動作。運動が苦手な子でもでき、また保護者が練習のサポートをしていただけるよう、わかりやすく動画で解説をしています。
ぜひご覧いただき、少年野球(学童野球)、ジュニアリーグやリトルリーグ、またはソフトボールなどでお子さまが大活躍できるよう、応援してあげてください。