スマホ育児、注意すべきは?

小さいお子さんをお持ちの保護者の中には、外出時や、家事に追われる中で子どもが泣き出したりすると、スマートフォン(スマホ)を渡して動画などを見せるというかたも少なくないことでしょう。「スマホ育児」の実態は、どうなっているのでしょう。

0~3歳から持たせる割合は減少

情報セキュリティーメーカー「デジタルアーツ」の調査(2017<平成29>年1月現在)によると、子どもに何らかの専用端末を持たせている保護者は、0~3歳で父親60.9%、母親34.0%、4~6歳で各57.3%、38.8%となっています。多いのは「携帯ゲーム機」「子ども用携帯電話」「市販のタブレット端末」「契約の切れた中古のスマートフォン/格安スマートフォン」などです。

0~9歳の子どもを持つ保護者に、子ども専用端末を開始した時期を尋ねたところ、「0~3歳の時」からとの回答が、市販のタブレットで20.9%(2016<平成28>年1月比0.6ポイント減)、携帯ゲーム機で14.0%(同3.5ポイント減)、普通のスマホで17.4%(同8.5ポイント減)、中古スマホで15.7%(同10.2ポイント減)となっています。スマホ育児がマスコミなどで批判されたり、日本小児科医会と日本医師会が「スマホに子守りをさせないで!」というポスターを作ってキャンペーンを行ったりしていることもあって、特にスマホは1年間で大きく減少しています。

スマホやタブレットは、指で感覚的に操作できるため、使用方法がわからない子どもでも、いじっているうちに使えてしまうことが、よくあります。実際、子どもが想定外の使い方をして驚いた経験があると回答した割合(「結構」「時々」の合計)は、0~3歳で父親64.1%(前回調査比9.7ポイント減)、母親68.0%(同12.6ポイント減)、4~6歳で各61.2%(同12.7ポイント増)、52.4%(同6.8ポイント増)でした。0~3歳と4~6歳では対照的な増減で、減った0~3歳にしても、依然として半数を超えています。

具体的には、「動画を見ていた」「カメラアプリを起動していた」「サイトを見ていた」「電話が発信されていた」「SNSを起動していた」などが挙がっています。0~3歳でも少数ながら「メールが送られていた」「ネットショッピングをしていた」という回答がありますから、思わぬトラブルも引き起こしかねません。

大人のリテラシーが先決

小児科医会などのポスターでは、「ムズかる赤ちゃんに、子育てアプリの画面で応えることは、赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性があります」と指摘しています。ただ、保護者にとって困った時に、一瞬でも手が放せれば……と、スマホを渡すこともあるでしょう。問題は、その程度です。

ポスターには、「親も子どももメディア機器接触時間のコントロールが大事です」「親がスマホに夢中で……赤ちゃんの安全に気配りが出来ていません」などという指摘もあります。要はバランスであり、保護者がコントロールできているかどうかにありそうです。スマホ育児は是か非か、という二者択一の問題ではないでしょう。

乳幼児に限らず、子どものメディア利用には、まず保護者が注意・管理する「ペアレンタルコントロール」が必要だという専門家の指摘もあります。子どもに機器を渡す以上、まずは大人がメディアリテラシー(活用能力)を身に付けることが先決です。

※デジタルアーツ「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」
http://www.daj.jp/company/release/2017/0301_01/

※「スマホに子守りをさせないで!」ポスター
http://jpa.umin.jp/download/update/sumaho.pdf

(筆者:渡辺敦司)

プロフィール

渡辺敦司

渡辺敦司

1964年北海道生まれ。横浜国立大学教育学部卒。1990年、教育専門紙「日本教育新聞」記者となり、文部省、進路指導問題などを担当。1998年よりフリー。連載に「『学力』新時代~模索する教育現場から」(時事通信社「内外教育」)など。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A