読み聞かせで気をつけること[教えて!親野先生]

教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。

【質問】
「読書する子は伸びる」とよく言われますので、子どものうちに本が好きになってもらいたいと思っています。そのために、絵本の読み聞かせをしているのですが、何か気をつけることはありますか?

相談者・せんべい大好きさん(年少男子)

【親野先生のアドバイス】
拝読しました。
子どもに本が好きになってもらいたいというのは、多くの親の願うことだと思います。

本をよく読む子は、語彙が増え、読解力、思考力、表現力もつきますし、探究心も育ちます。

いろいろな知識が増えるので、勉強にもよい影響がありますし、ひいては仕事やプライベートの充実にもつながります。

また、自分も含めて、人の心の動きがわかるようになりますし、それが思いやりの気持ちにもつながります。コミュニケーション力の向上にも役立ちます。

そして、本の読み聞かせは、子どもを本好きにするための王道といっていいほど効果的な方法です。
でも、お尋ねのように、やり方によっては逆効果になることもありますので、気をつけるべきことを挙げたいと思います。

まず、一番気をつけてほしいのは何と言っても本の選び方であり、大人が好きな本や大人が子どもに読ませたい本ばかりを優先しないことが大切です。
というのも、大人が読ませたい本と子どもが読みたい本が違うこともけっこうあるからです。

それを私が強調するのは、小学校の教師をしていたときの経験からです。
読み聞かせボランティアの人たちが子どもたちに本を読んでくれることがよくあったのですが、それらの本が高尚すぎて、聞いている子どもたちのレベルや興味関心に合っていないことがよくありました。

日頃からよく本を読んでいて精神年齢や理解力も高い子はついていけるのですが、そうでない子たちはついていけないということが少なからずありました。
こういうことが度重なると、本が嫌いになってしまう可能性があります。

とにかく、まずは子ども本人が「面白い。楽しい」と感じる本を優先してあげてください。
そんな中で、大人が読ませたい本もときどき入れる、というくらいで丁度よいのではないかと思います。

ネットに出ているレビューも参考になります。
レビューを注意深く読むと、「子どもが喜んだ」のか「大人が感動した」のかがわかることがあります。

また、読み聞かせというと、ほとんどの場合、物語の絵本を思い浮かべます。
でも、子どももいろいろで、物語よりも自動車や飛行機の本、動物や昆虫の本、図鑑やカタログのような本などを、好む子もたくさんいます。
そういう子どもの好みにもしっかり応えてあげてください。

繰り返しますが、大人が読んで感動する本、大人が好きなテーマを扱った本、これらが必ずしも子どもが興味関心があるとは限らないということは、つねに頭に入れておいてください。

2つめとして、子どもの表情をよく見ながら読むことが大切です。
表情を見ていれば、その理解度や関心度がわかって、それに合わせて読み進めることができます。

読み方が速すぎる場合はゆっくりにかえることもできます。
難しい言葉や理解しにくい場面などで、子どもがついてこれなくなってもすぐわかります。

そういうときは、その場面をもう一度読んであげたり、言葉を補って説明してあげたりしてください。
あるいは、その場面について子どもとおしゃべりしながら、理解を深められるようにしてあげるのもいいでしょう。

子どもから話しかけたり質問してきた場合は、応じてあげてください。
それを嫌がって、「ちゃんと最後まで聞いて」などと言ってしまう人もいますが、それだと誰のために読み聞かせしているのかわかりません。

3つめとして、意外と大事なのが読み終わった後の親の態度です。
大人は、つい、子どもの理解度を確かめる質問やテストのような問題を出したくなるものです。
でも、子どもにとってこれがストレスになります。

読み終わった後で、「だいたいどんなお話だった?」と質問する人もいます。
これは要約力をつけるためにはよい質問であり、国語の授業ではよくおこなわれています。

でも、家でおこなう読み聞かせでいつもこれをやっていると、子どもは苦痛に感じると思います。
特に、男性はこういう質問をしがちなので気をつけてほしいと思います。

もちろん、自然な流れの中で感想をおしゃべりするなら、それはそれでいいことだと思いますし、そういうことが好きな子もいます。
でも、中には嫌がる子もいますので気をつけてください。

ですから、はっきり言いますが、読みっぱなしで大丈夫です。
子どもの中の余韻を大事にしてあげてください。

4つめとして、読み聞かせのときには叱らないことです。

私は、かつて、ある歯医者の待合室で、親が二人の姉妹に読み聞かせをしながら、「ちゃんと聞かなきゃダメでしょ」「もぞもぞ動かないの」「膝を立てちゃダメでしょ。お姉ちゃんが見えないでしょ」などと叱っている場面を見たことがありました。

これでは、せっかくの読み聞かせが台無しで、楽しいひとときにはなりませんね。

以上、いくつか挙げましたが、とにかく大事なのは、読み聞かせの時間が親子の楽しい幸せな時間になるようにしてあげることです。

親の愛情を実感しながら、楽しい本の世界に浸る時間がたくさん持てた子は、間違いなく本が好きになります。

私ができる範囲で、精一杯提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
みなさんに幸多かれとお祈り申し上げます。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A