赤ちゃんの「しもやけ」、予防となってしまった時の対処法

赤ちゃんの手足や指、それからほっぺたも、ぷっくりと膨らんでいて、とてもかわいいものですね。ですが、妙に赤くなっていてかゆがるようであれば要注意。それは「しもやけ」かもしれません。これから寒い季節に入り、しもやけのリスクもぐっと高くなる頃。赤ちゃんをしもやけからしっかり守ってあげましょう。


手足以外にも血行が悪くなりがちな部分に発症するしもやけ

 手足や指、ほっぺた、耳、鼻など、身体の中でも血行が悪い末端部分にできやすいしもやけ。寒くなり、血のめぐりが悪くなることで、しもやけは発症します。赤くむくんだり、ひどくなると水泡ができるなど炎症が起きてしまいます。やっかいなのは、しもやけはかゆみを伴うことが多いこと。赤ちゃんはかゆさをがまんできず、かきむしってしまい、肌が傷ついてしまいます。体が温まって、血行がよくなるとさらにかゆくなります。

 

 

防寒だけでは不十分、汗にも気を付けて

 しもやけを予防するには、ただ「冷えないようにする」だけでは難しいかもしれません。たとえば、厚い手袋や靴下を用意してあげれば冷えにくくはなりますが、手袋や靴下の中で汗をかいてしまうと、汗が蒸発する際に肌から熱を奪ってしまうため、逆に急激に冷えてしまい、しもやけになることも。手を洗った後、きちんと拭かずに放置していると、しもやけになりやすいといわれますが、それと同じ原理ですね。とくに赤ちゃんは汗をかきやすいため、しもやけになりやすいということです。こまめに汗を拭いたり、手袋や靴下を替えてあげるなど、防寒と汗対策を一緒に行うようにしましょう。

 

ほっぺたや耳についてはそれほど汗が出ない部位なので、耳当てや緩めのネックカバーなどを利用し、冷やしすぎない工夫を。こまめに肌の様子を観察してあげると安心です。

 

 

マッサージや栄養素で血行をよくしてしもやけを防ぐ

 指先については血行をよくするために普段からできることもあります。クリームをつけてマッサージしてあげたり、冷たい水とお湯に交互につけたりするのも有効です。また、血管を拡張させる作用のあるビタミンEを多く摂取するのもおすすめです。バランスのいい食事(離乳食)を心がけてあげて。食事では、季節によりますが、ビタミンEを多く含むかぼちゃやほうれん草、さつまいもなどを積極的に取り入れてみてください。

 

 

しもやけになってしまったら、保湿が第一

 もし、しもやけになってしまった場合は、保湿クリームなどでケアしてあげましょう。保湿クリームは蒸発しにくいため、肌の温度を下げてしまうこともありません。市販のしもやけの薬を購入する場合には、「使用開始目安年齢」の確認をお忘れなく。生後1ヵ月〜3ヵ月の子どもに使用できる薬もたくさんあります。

 

しもやけの症状がなかなか治らない場合や、かきむしってしまう場合には、小児科や皮膚科を受診してください。症状に合った塗り薬などを処方してもらえますよ。

 

外出の際には肌が冷えない工夫をしっかりと。ベビーカーで移動する際にはベビーカーカバーを、抱っこやおんぶで移動する際には、ママコートやポンチョ、ケープなどを利用するのもおすすめです。

 

 

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A