早めに押さえておきたい! 受験そのものにかかるお金の話

「大学進学にかかる費用」というと、入学金や授業料、新生活に関するお金をイメージされるかたも多いことでしょう。しかし、入学手続きにかかる費用のほかに、「受験そのものにかかる費用」も見込んでおかなければなりません。今回の記事では、受験にかかるお金について紹介します。

受験料は「国立大1校」+「私立大2校」のパターンでも10万円以上

大学受験にかかる費用は、受験校の種類や受験校数によって変わってきます。志望大の併願パターンとして、「国立大1校」+「私立大2校」の文系学部を受験するご家庭をモデルケースとして、受験料だけでどの程度かかるのかを見ていきましょう。

まず、国公立大受験に必須であるセンター試験の受験料は1万8,000円(3教科以上受験の場合※)。国立大の個別試験の受験料が1万7,000円。私立大の受験料は3万5,000円程度(医学、歯学系は4万~6万程度かかる場合もある)です。これらの受験料だけで、10万円以上はかかると見込んでおくべきです。

※2教科以下の場合は、1万2,000円。成績通知を希望する場合は、プラス800円。

受験会場までの交通費、宿泊費に加え、願書にかかる費用も

これらのほかに、遠方の大学を受験する場合には交通費、宿泊費も考慮しておく必要があります。例えば大阪在住のかたが、地元の国立大のほかに、東京の私立大学を2校受験するとなれば、新幹線代(往復約2万6,000円※×2回)と宿泊費(1万円×2回)がかかり、合計で約7万2,000円が必要です。

また、国立大の願書は基本的に無料ですが(取り寄せに送料がかかる場合もあります)、私立大の場合は、1大学1,000円程度かかります。受験校が多くなれば、こうした費用もかさむことにも留意しておきたいところです。

※東京=新大阪の片道料金は1万2,700円で計算(学割利用 のぞみ普通車指定席)。学割を利用しない場合は、1万4,450円(のぞみ普通車指定席)。

受験料や交通費を節約する方法は?

最近は、私立大学を中心に、大学の所在地以外の会場で受験できる制度(学外試験)を実施する大学が増えています。この制度を活用すれば、自宅から近い試験会場で受験できるので、交通費や宿泊費の節約につながります。

また、私立大学の受験費用は、「センター試験利用入試」「全学部統一入試」を利用することによって、節約することも可能です。

「センター試験利用入試」はセンター試験の成績を利用して合否を決める方式のこと。多くの場合、受験料が低く設定されていますし、試験会場に行く必要がないので、交通費・宿泊費が節約できます。

「全学部統一入試」は1回の試験で複数の学部に出願できる制度のこと。2学部目以降の受験料が割引になるケースがあります。

これらの入試方式は便利な半面、「『あの大学も、この学部も』と出願の幅を広げてしまった結果、逆に出費がかさんでしまった…」というケースも考えられます。また、一般入試に比べて高倍率になり、合格ラインが上がる傾向があります。こうした点に留意して、しっかり情報収集したうえで、上手に活用するとよいでしょう。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A