こどもちゃれんじ・進研ゼミプラスの会員保護者のかた

ベネッセ 教育情報サイト ベネッセ 教育情報サイト

保護者のかた向け インターネット安全ナビ
保護者のかた向け インターネット安全ナビ

中学生・高校生/最初の設定・約束編

タブレット端末を渡す前にしておきたい設定・約束

お子さまがインターネットを安全に使用するためには、タブレット端末やスマートフォンなどを使用する前の設定と約束が大切です。中学生・高校生のお子さまでも、使い始めは必ず保護者のかたが設定し、使用時間をあらかじめ約束したうえで使用させるようにしましょう。使用する機能・アプリも必要なものに限定しましょう。操作方法や対応方法がわからない場合保護者のかたがいつでも相談にのることを伝えておきましょう。また、中学生・高校生に合った機能制限もありますので、内容を確認して設定しておきましょう。ただし、中学生・高校生が対象でない内容がすべて制限されるわけではないので、あくまで補助的に利用しましょう。また、パソコンなどをお子さまが使用する場合も、同様に約束や設定をしておきましょう。

目的以外の設定をオフに

学習に使うタブレット端末や通話に使うスマートフォンなどは、目的のために必要な機能以外はオフにしましょう。また、それぞれのアプリやサイトで制限できる場合もあります。設定するだけではなく、「目的以外には使わない」ことをお子さまと約束しましょう。

  • 使わない機能はオフにする。
  • 設定を変えないようパスワードをかけ、パスワードはお子さまには伝えない。
  • ※「進研ゼミプラスハイブリッドスタイル」で学習される場合は「設定ガイド」をご確認のうえ、必要な機能をオンにしてください。
  • ※それぞれの機能の設定方法はアプリや機種、ご利用の通信会社などにより異なりますので、それぞれの「機能制限」「ペアレンタルコントロール」等をご確認ください。

お子さまに合った年齢や内容を設定する

インターネット上にはさまざまな対象向けの情報や動画があります。中には、中学生・高校生が対象ではない内容のものもあります。お子さまの年齢を設定したり、許可しないコンテンツを設定することで、お子さまの年齢に合わないウェブサイトの閲覧やアプリのインストールを制限することができます。

  • ウェブサイトや動画やアプリなどの対象年齢を設定する。
  • 許可しないコンテンツを設定する。
  • 操作方法や対応方法がわからない場合は、いつでも相談にのることを伝える。
  • ※お子さまの年齢や、使用時間などを設定できる本体の設定やアプリ、通信会社のサービスなどもありますので、使いやすいものを選びましょう。お使いの機種や通信会社で「フィルタリング(アクセス制限)」「ペアレンタルコントロール」などで検索してください。

購入手続きを制限する

タブレット端末やスマートフォンなどでは、有料アプリや電子書籍、ネットショッピングなど、簡単に買い物ができます。お子さまと「タブレット端末やスマートフォンなどで買い物をする場合は、プリペイドカードなどを利用し、決まった金額だけ使う」ことを約束させましょう。また、保護者のクレジットカードで買い物をしないように、注意を払いましょう。

  • クレジットカードはなるべく利用せず、プリペイドカードの利用なども検討する。
  • パスワードは購入のたびに入力する設定にする。
  • クレジットカード情報を入力する場合は、そのショッピングサイトで「ID・パスワードを保存する」のチェックを外してからログアウトする。
  • ロック解除に指紋認証を使う場合は、課金や購入では指紋認証を使用しない。
  • ブラウザ(インターネットを見るソフト)の、クレジットカード情報やパスワードの自動入力はオフにする。
  • ※それぞれの端末やショッピングサイト、アプリなどで設定方法が違う場合があるので、端末やサイトやアプリの設定方法をご覧ください。

使ってよい条件を決めておく

紛失・盗難やプライベート情報の公開など、思わぬトラブルや事故を防ぐために、使い始める前に、使ってよい条件を約束しておきましょう。また、利用を制限する機能も活用しましょう。

  • 使う時間帯・時間・場所をお子さまと話し合って決める。
  • ID・パスワードは、保護者のかた以外に教えないよう約束する。管理方法も話し合う。
  • 目的以外に使うときは、保護者のかたに相談させる。
  • 家の外に持ち出すときのルールを決める。
  • SNSや投稿サイトなどへの書き込みは、利用するサイトを話し合って決める。
  • ブラウザ(インターネットを見るソフト)の、ユーザー情報などの自動入力はオフにする。
  • 位置情報サービスは、使うとき以外はオフにする。
  • ※使ってよい条件を設定できるアプリや通信会社のサービスなどもあります。お使いの機種やアプリ・ソフト、通信会社により設定方法が異なります。「フィルタリング(アクセス制限)」「ペアレンタルコントロール」などで検索してください。

中学生・高校生基本編を見る

インターネットの世界で気をつけることは、言葉で説明するだけでは、中学生・高校生のお子さまには伝わりにくいもの。そこで、インターネットを使うときの注意を、お子さま向けの動画で伝えます。約1分半ほどの短い動画なので、保護者のかたもぜひご覧になって、インターネットの約束について話し合ってください。

動画のあらすじ

「インターネットをあまく見たらダメ」

文化祭に有名なロックスターが!? 文化祭の写真をSNSにアップしたところ、世界を巻き込む大騒動に。動画では[インターネット・肝に銘じる3か条!]として「インターネットは情報が瞬時に拡散する公共の場。発信・発言は慎重に」「不用意に自分・家族・友達の情報を投稿してはいけない」「トラブルに巻き込まれたら秘密にせずに、保護者のかたもしくは 相談窓口に相談しよう」ということを伝えます。

お子さまと一緒に確認したいこと

動画を見たあとは、インターネットでの安全について、お子さまとぜひ話し合ってみてください。動画の内容や、普段インターネットを使っていて疑問に思うこと、危険を感じることなど、お子さまの意見を聞いてみましょう。

安全のための17か条

お子さまがインターネットを安全に使用するために、一緒に学んだり、話し合ったり、設定したりしておきたい項目をまとめました。中学生・高校生のお子さまがインターネットを使用する際や、タブレット端末などでの学習を始められる際は、保護者のかたが一緒に操作をして、お子さまに使い方や注意点を伝えるとよいでしょう。

トラブルが発生したら?

インターネットでのトラブルに関する代表的な窓口をご紹介します。

インターネットにおける違法・有害情報に関する相談 違法・有害情報相談センター(総務省支援事業)
不正アクセスなどのインターネット犯罪に関する相談 サイバー犯罪相談窓口(都道府県警察本部)
詐欺、不当請求、ネットショッピング、 ネットオークションのトラブルなどに関する相談 消費者ホットライン
電話188(いやや!)

個人情報に関するセキュリティ対策・
拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部

テーマ一覧

子育て

教育

受験